香港・西九龍・深水埗「小菜王」香港屋台料理

練習終わりで一杯飲みに行く場合、かしこまったレストランよりも大衆的な屋台料理に行く事が多いですね。深水埗には屋台の雰囲気を残した料理屋、お店の形式で言うと大牌檔が何軒かあります。海鮮料理はさすがに高いですがそうでなければ安く食事を楽しめます。
店の名を「小菜王 大牌檔食房」と言って、店の名物料理も広東式五目炒めその名も「小菜王」です。
深水埗 小菜王
場所は深水埗福榮街43號とあり、福榮街と石硤尾街の交差点にあります。
店の全貌
このスタイルの店は一応店舗になっていますが店はドアすらないがらん堂でそこにテーブルと椅子を置いているだけの簡素な作り、屋根のある屋台と言ったところです。料理は別のブースで作っていて注文すると他の所からやって来ます。流行っている店は近所の店舗が開くとたちどころに増殖してあっという間に周囲が屋台街になってしまいます。夜のみの営業の店が多く夜遅くまで開いています。深夜2時頃まではやってますので12時頃からでも充分楽しめます。ビールは店に常在していますがブランデー、ワインなどその他の酒はコンビニや近くの酒屋で購入して持ち込みOKです。もちろんチップは必要ありません。
料理の数々
この時は奮発して卵黄まぶし焼きエビ、黄金蝦(時価)と揚げ豆腐ニンニク炒りつけ、避風塘豆腐、青菜炒めを注文致しました。飲み物は青島ビール以外の中国ビール、今夜は燕京ビール大瓶1本15元です。黄金蝦は名物料理となっているだけあって絶品です。料理は海鮮以外はMAX60元程でした。お客は地元民ばかりなのでぼられる事もありません安心して楽しめます。店一押しの「小菜王」は食べませんでしたが大満足の一夜となりました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿