3月13日眞傳 詠春拳教本第5号ダウンロード開始!

 3月13日、眞傳 詠春拳教本第5号が上梓されました。今号は詠春拳の対人練習では根幹をなす基礎技術となる擸打の特集号となります。詠春拳の対人練習で雙黐手と擸打は重要な意味を持っており、待ちに待った詠春拳の核心部分が電子書籍サイト「ファイト!ミルホンネット」から遂に公開される事となりました。
眞傳 詠春拳教本第5号表紙
http://miruhon.net/news/2012/03/post_879.html

詠春拳では、お互いが技を規則的に出し合う事によって無限に続くパターン練習が大別すると二つあります。一つ目は眞傳 詠春拳教本第4号で詳報した「雙黐手」です。二つ目は今号で紹介する「擸打」となります。雙黐手と擸打は詠春拳の対人練習では根幹をなす拳技であり、この二つの対人練習から派生・発展した対人練習から詠春拳は各種功夫が習得できるようになっています。詠春拳の対人練習を習得する上では必須の拳技であると言えるでしょう。

擸手を簡単に説明すると、擸打とは相手の腕を掴んで相手を崩しながら、擸手によって相手の中線が開いたところに間髪入れず日字沖拳を打ち込むと言う拳技です。この段階になって詠春拳の対人練習は基本功(基礎技術)から応用技術へと展開することになります。通常、無限に両者が擸打を繰り返す対人練習の事を香港では、単に「擸打」と呼び、欧米ではこの対人練習をして「擸打サイクル」と呼称します。

 今号は、対人練習における基礎技術である擸打の習得に向けて集中的に解説を施した1冊となっています。第4号で詳報した雙黐手と今号で紹介する擸打を習得して第6号以降でこの基礎拳技から展開していく各種対人練習を習得していってもらいたいと考えます。全104㌻の大ボリュームでお贈りする全力投球の自信の力作です。

詠春拳の特徴は機械仕掛けのように整然と構築された拳技の為、精密に詠春拳の術理通り実施しないとまずもって「詠春拳にならない」と言う事態に陥ってしまいます。第5号ではどの解説書よりも詳細に擸打を解説し誰でも分かる詠春拳の解説書を目指しているので是非ダウンロードしてもらいたいと考えます。

また、今号より頒布価格を525円にさせていただきました。1号から4号までは眞傳 詠春拳教本を広く知っていただく為に378円という特別価格でお分けしてきましたが、第5号より内容も詠春拳の核心部分を公開する事もあって、より詳細な解説が必要になってきました。その為内容に見合った525円という新価格で頒布させていただく事となったのでご了承願います。眞傳 詠春拳教本1号から5号まで全部ダウンロードしても、たったの2037円これはもう買うしかありませんね。興味のある方は下のリンクをクリック!

http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=621

早川流X受け


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿