香港・九龍・旺角「日升美食店」昼食の定番

以前に紹介した店ですが、違う物を食べたので紹介させていただきます。
日升美食店と言って、場所は 旺角花園街123A號市政大樓3樓5號店 とあります。
日升美食店
形式は大牌檔です。花園街街市の上の熟食中心の一番奥の店舗です。
朝10時までは飲茶。
昼11時30分からはおかずを1品頼むと、お茶、白ご飯(食べ放題)と例湯(日替わりスープ)が付いてくる一膳飯屋。
夜18時以降は中華料理屋

…とこのお店は様々な顔を持っています。働き者のオヤジが切り盛りしています。

まずは朝の飲茶の様子から…
香港の地元の方々は盅蒸飯と言って蒸したご飯におかずが乗った点心が大好きです。勿論拙者も大好きです。今日は一緒に蒸した物がなかったので別々に取ります。二つを合わせて鹹魚肉餅飯にします。肉餅は豚ミンチのハンバーグですが弾力が凄くあります。その上に鹹魚(魚を発酵させたもので味はとてつもなく塩辛い)が乗っています。これに香港独特の甘い醤油をたらせば出来上がりです。塩辛いので白ご飯によく合います。
鹹魚肉餅飯
次は昼食です。
時菜牛肉大豆火腩を食べました。時菜牛肉は季節の青菜と牛肉の炒め物です。大豆火腩は豚のローストともやしの炒め物です。香港でもやし炒めを初めて食べました。もやしは炒め方が絶妙なのでシャキシャキッとした食感が最高です。お味の方は期待通りでありました。盛りつけ方は大牌檔(屋台)と同じなのでなかなかワイルドです。
時菜牛肉と大豆火腩
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿