香港・九龍・旺角「倫敦大酒楼」現存するワゴン式早茶

※※※当學院への新規加入・見学等のお問い合わせは
香港カンフー武術學院新規申込者規約を熟読の上、下のリンクをクリック下さい。下の専用お問い合わせフォームにて申し込まれた方は、上にご案内した新規申込者規約に同意したものと見なします。※※※
香港カンフー武術學院 専用お問い合わせフォームに必要事項を記入して送信し、担当者からの返信をお待ち下さい。
現在、大阪守口本部、愛知支部、京都支部、学研支部、東京支部で2017年男女新規加入者を募集しています。
2017年3月より詠春班東京支部が開設されました。当面は月1回、港区立の公共交流・コミュニティ施設にて定期練習会を開催中。次回の定期練習会は9月10日です。在籍者の参加費用は参加毎3500円です。ただし、次回より見学・体験参加者にも会場使用料の負担金としてお一人様500円申し受けます。只今、詠春班東京支部男女新規加入者を大募集中です。奮ってご応募下さい!
最終段階まで正統詠春拳を極めようと言う固い決意のある方からのご連絡をお待ちしています。詠春拳の経験者優遇! 未経験者歓迎!


啓徳空港があった頃なら当たり前だった風景が今となってはレトロと言うレッテルを貼られてしまってると言う時代の変遷を感じざるを得ない香港で、今やワゴン式で點心を提供している飲茶店は激減の傾向にあって、九龍サイドでも油麻地の得如酒楼深水埗の中央飯店と信興酒楼、そして旺角の倫敦大酒楼しかなくなりました。
4433552255112233.jpg
数少ないワゴン式で點心を提供している店です。ワゴン式飲茶から更に時代を遡ると肩掛けベルトの駅弁スタイルの提供になりますが、大きな店ではなくなります。大きな店では以上の4店と香港サイドでは上還の蓮香楼と蓮香居中還の陸羽茶室は駅弁スタイル、金鐘の名都酒楼ぐらいで全部で8店舗となっています。まさに絶滅危惧種となっています。
今回はその中の旺角の倫敦大酒楼へ訪れました。
場所は旺角彌敦道612號好望角大廈(MTR旺角駅下車E2出口徒歩約3分)とあります。ネイザンロード沿いにあって非常に分かりやすい場所にあります。今回は一人で早茶に訪れました。
4433552255112211s-.jpg
一人なので相席覚悟の席取りになります。昔懐かしいワゴン式の點心を提供しているスタイルは嬉しくなりますが、おばさん達の言ってる事をちゃんと耳で理解しないと好みの點心を取る事が出来ません。まぁ、解らなくてもおばさんの往くてを止めて蒸し籠の中身を無断で開けて、良い點心が有ったら強奪すれば何とかなりますが自分の食べたい物が来ない時は途端に困ってしまいます。勿論、焼売や蝦餃、叉焼包なんかは常に回ってますので待ってればいつかは食べられます。
今回は焼売鮮竹巻(湯葉巻き餡掛け)、奶黃包(カスタード饅頭)、糯米雞(蓮の葉包みのおこわ)をチョイス致しました。お茶はもちろん普洱茶ですよ。
44335522551122111s-.jpg
個人的には蝦餃(エビ餃子)より焼売が好きです。焼売の肉の旨みと塩味が何とも堪らない逸品です。絶対頼んでますね。糯米雞はボリュームで選びました。朝の場合、蒸飯か糯米雞は主食として食べます。そして奶黃包はデザートです。おかず2品、主食1品、デザート1品のバランスの良いチョイスです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿