徒弟制度について

※※※当學院への新規加入・見学等のお問い合わせは
香港カンフー武術學院新規申込者規約を熟読の上、下のリンクをクリック下さい。※※※
香港カンフー武術學院 専用お問い合わせフォーム
現在、大阪守口本部、愛知支部、京都支部、学研支部、東京支部で2017年男女新規メンバーを募集しています。3月より詠春班東京支部が開設されました。当面は月1回、練馬区内の公共スポーツ施設にて開催。次回の練習日は5月21日です。参加費用は3000円です。只今詠春班東京支部男女新規加入者を大募集中です。奮ってご応募下さい! 学研支部は現在「無料見学・体験フェスタ2017」開催中! 
最終段階まで正統詠春拳を極めようと言う固い決意のある方からのご連絡をお待ちしています。詠春拳の経験者優遇! 未経験者歓迎!

本學院は効率的に拳技を効率的に教授するためと本學院内の秩序を維持するために徒弟制度を採用しています。しかし、最近は徒弟制度なるものが理解できない新規申込者が見受けられるため、ここで徒弟制度について告知がてら書く事にしました。
Wikiによると
「徒弟(とてい、apprenticeship)、見習いとは、商人や職人の職業教育制度であり、若い世代を業務に従事させて(オン・ザ・ジョブ・トレーニング, OJT)、時には座学(学校教育や読書など)を行う制度」
とあり、職能教育制度と規定されています。管理人も表面的にはそれで問題ないと思います。しかしこの文章では習う側から見た制度しか説明が無く、教える側と習う側の関係性等徒弟制度の運用に当たっての詳細については全く記述がありません。それに徒弟と見習いが同列になっていますが、弟子と見習いの間には大きな隔たりがあるように感じます。そもそも弟子と見習いでは内容は同じ事でも格が違います。徒弟もしくは弟子とは指導者が技術を教えるに足る相手であると認めた特別な存在と考えるべきです。見習いは集団の中で用事をしながら覚える人であって特別の存在という訳ではありません。

ある自動車教習所が教習生を叱るどころか誉めまくったら教習生が増えたというエピソードが物語るように、自動車を運転する技術を教える仕事は現代に於いてはサービス業と規定され、教習料を支払っている教習生(お客様)が明らかに主導権を握っています。この場合では教える方が客に迎合しておりますのでこの例では同じ教えるという行為であっても徒弟制度とは対極にあるものですね。昨今の武術教室では新規加入する練習生の意識はこんな身勝手な考えの方が優勢であると思われます。

ところが、当學院では頑なに徒弟制度を持ち出して時代遅れの指導法を在籍者に強いていると思われがちですが、そうではありません。徒弟制度での模範たる弟子の態度とは、師から宝物を譲り渡してもらうぐらいの気持ちを持って師から拳技を授かり、常に尊敬と感謝の誠を捧げます。徒弟制度での師弟関係は疑似家族関係となる誓約を師と取り交わす事になるので師を親のように敬う気持ちが大事です。教わる側はそれだけの誠意を師に見せて見込まれた者だけ拳技が授かる事が約束されるものだと管理人は理解しています。この時、師弟相互の信頼関係が無ければ、折角授けた拳技が正しく受け継がれていく保障がなくなります。自動車教習所だと卒業生が轢き逃げをしようと飲酒運転をしようが、それは卒業生の自己責任ですが、中國武術の場合は当然そうはなりません。教えた者の責任は必ず問われる事になります。なので師弟の間には強い絆と信頼関係が求められるのです。信頼できない人物に中國武術の拳技を伝承させる訳にはいかないのです。次世代へこの拳技が正しく伝承されるためには不可欠の条件なのです。

通常、中國武術は日本武道と違って精神論を強調しません。それだけに中國武術の師は日本武道よりはるかに厳しく練習生の素行を見ています。一見ルーズに思える習慣から練習生のつい素が出てしまうのを師はしっかり見ています。素行不良の者には一定以上の重要な拳技は絶対授けません。入り口は広いけれど出口は狭い方式です。最終段階まで拳技を授けるのは師を敬い、師に対して誠意を見せ、これまでに信頼関係の構築出来た者に限られます。中國武術はこの様なプロセスを経て伝承され、伝統を守ってきました。

葉問派詠春拳は伝統的な教授方法を廃して合理的な教授方法を採用する事によって、爆発的に練習者を増やした事は歴史が証明しています。しかしながら葉問派詠春拳の教授方法がサービス業的な感覚を一部呼び込んだ事も事実です。一部の練習生や師の中には拳技の教授に法外な金銭で買うと言う心ない行為が横行し、エセ師範の増産されると言う問題を起こしています。門派の繁栄を引き替えに、中國武術の厳しい後継者への選別が緩くなった葉問派詠春拳ですが、時間を元に戻す事は出来ないと管理人は感じております。それだけに当事者個人の各々の思いが大事ではないかと思います。現時点では師も徒弟も襟を正してこの徒弟制度を守る姿勢が必要になっています。

その根底に流れる思想こそ、儒教であり、とりわけ「仁」が重要です。
仁とはWikiによると
「主に他人に対する親愛の情、優しさを意味しており、儒教における最重要な「五常の徳」のひとつ。また仁と義を合わせて、「仁義」と呼ぶ。古代から近代に至るまで中国人の倫理規定の最重要項目となってきた。中国の伝統的な社会秩序(礼)を支える精神、心のあり方である」とある。
また、コトバンクによると
「儒教が主張した愛情の一形態。愛とは,他人を大切に思い,いつくしむ感情をさす語である。それとは別に仁という語が成立しているからには,仁と愛とは同義ではない。語源については,一般には,仁とは,人間の姿を示す象形文字であるが,(太古においては,他部族の者は人ではないから) 自分の身近にいる親しい間柄の「仲間」,または,二人の人と人との間の愛情の意味,といわれる」とある。

徒弟制度での師弟とは「仁」の精神が根底にあってこそ成立する関係です。お互いを愛し、慈しみ、敬う事によって正しい拳技は次世代へと受け継がれて行かねばならなりません。邪な意思など付け入る隙もない深い信頼関係です。机上の理想を声高に主張しているのではありません。指導者となって久しいですが、正しき者にのみ正しき拳技は授けるのみで授ける資格のない者には授けない決断を行うべきと考えるようになりました。今となって、それをより強く感じる様になりました。管理人は2005年から大阪で指導者として詠春拳の教室を運営していますが、一定以上の拳技を授けて後悔している人物がいます。今なら彼にはもっと少ししか授けなかったと思います。これも指導者として良い経験になっています。振り返ってみて当時はもっと色々と新しい事を練習生に教えていたと思います。今はある意味厳格になり、練習生の態度をじっくりと見せて頂き、必要とあらば新しい拳技を授けるようにしています。これは師として練習生の人を見る様になりました。こういう風になったのもこれまでに脱落、離脱、離反された皆々様の経験があればこそと感謝する次第です。皆さんのお陰でより正しい詠春拳が教えられるようになりました。ありがとうございました。

以上のような理想的な信頼関係を積極的に構築しなければ、日本にいながら修業を続けるという環境の中で香港にいる李恆昌師傳から信頼は得られなかったと思っています。特殊な修業環境だからこそ、管理人が腐心した事から見ると離反した者など月とすっぽんなのは当然ですが、現在籍者も「仁」の精神がまだまだ不十分です。管理人がこの人に是非授けたいと思わせるような練習生に詠春拳を授けてみたいと心から願っております。穢れが剥がれ落ちるように不心得者は脱落・離反していきました。それは我々の修業する詠春拳が正真正銘の眞傳である事の証明だからと自負しております。現在当學院は院内秩序の維持のために徒弟制度を採用しており、この事に賛同できない方からの新規加入はお断りしております。当學院は一丸となって最終段階まで習得する事を目指して最短距離を邁進する集団です。この崇高な理想を高く掲げ、詠春拳の普及・啓蒙、後進の育成を行いたい所存です。決して個人の利益を最優先する利己主義団体ではありません。「仁」の精神を重んずる団体です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿