香港・九龍・旺角「樹輝咖啡」花園街街市の茶餐廳

※※※当學院への新規加入・見学等のお問い合わせは
香港カンフー武術學院新規申込者規約を熟読の上、下のリンクをクリック下さい。※※※
香港カンフー武術學院 専用お問い合わせフォーム
現在、大阪守口本部、愛知支部、京都支部、学研支部、東京支部で2017年男女新規メンバーを募集しています。3月より詠春班東京支部が開設されました。当面は月1回、練馬区内の公共スポーツ施設にて開催。次回の練習日は5月21日です。参加費用は3000円です。只今詠春班東京支部男女新規加入者を大募集中です。奮ってご応募下さい! 学研支部は現在「無料見学・体験フェスタ2017」開催中! 
最終段階まで正統詠春拳を極めようと言う固い決意のある方からのご連絡をお待ちしています。詠春拳の経験者優遇! 未経験者歓迎!

旺角花園街市政大廈3樓熟食中心には様々な食事処がありますが、以前に紹介した興發茶檔と同じく茶餐廳に分類されるのが今回紹介する樹輝咖啡です。熟食中心へ上がるエスカレーターを上がって直ぐにあるお店です。
樹輝咖啡:住所は旺角花園街123A號市政大樓3樓熟食中心(MTR旺角駅 B2出口徒歩3分)とあります。これと言った特徴のない茶餐廳ですが、通常行きつけの店が休みだったので目的を花園街街市熟食中心の全店制覇に変更して今回立ち寄りました。
2112.jpg
訪れたのが朝だったので当然朝のセットメニューを頼みます。A2餐5番目の餐肉腸仔通粉ソーセージとポークランチョンミートのせスープマカロニ)」と熱奶茶ホットミルクティー)のセット26元をチョイス。一般的にスープマカロニは深めの洋皿で出てくる事が多いのですが、こちらの容器はラーメン鉢でした。この方が当然スープ多めとなります。店名が咖啡であっても頑なに奶茶派を貫きます。シュガーポットからダマになってる砂糖を避けながら奶茶にグラニュー糖を2匙投入して熱々で頂きます。香港のいつもの朝食です。

なかんずく、このスープマカロニと言う食べ物は香港ではスタンダードな朝食メニューですが、日本人には非常に評判の悪い食べ物で、第一に肝心のスープが熱々じゃなくて、最初からぬるいのが気になります。第二にスープはコンソメスープと言われていますが現実には薄い塩味しか味がない場合が多くどう考えても旨くないんです。第三に「フニャマカ」と言われるようにマカロニのフニャフニャの食感もこの食べ物の評価を決定づけております。しかしマカロニは茹でるとフニャフニャにしかなりません。アルデンテのマカロニは地球上には存在しないのです。それを差し引いても私はこの食べ物がなぜ食の都・香港の朝食のスタンダードなのか理解できない一品です。郷にいれば郷に従えで香港ではよく食べますが旨いと思った事は一度もありません。
SANY0067s-.jpg
肝心のここのお店の評価はどこにでもある茶餐廳です。特筆する物は何もありません。普通です。10年前なら茶餐廳の朝セットなら20元もあれば足りましたが、今は30元弱掛かるようになってます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿