2016年回顧録

※※※本學院への新規加入・見学等のお問い合わせは
香港カンフー武術學院新規申込者規約を熟読の上、下のリンクをクリック下さい。※※
香港カンフー武術學院 専用お問い合わせフォーム

2016年は創立11年目に当たり、1周回って更なる1年目となった年となりました。今年も昨年に引き続き香港より師傳を招聘してセミナーを開催出来ました。一般参加者をあてにしないでも当學院の在籍者のみでほぼ開催出来る現有勢力を確保出来たのが何よりの収穫でした。
71625341_.jpg
今年始めて開催した親善交流会は2014年以来親交の出来た世界中の拳友が日本へ来た際に当學院へ訪れると言うもので、今年は4月と9月の2回開催出来ました。来年は更に親善交流会を開催出来ると考えております。
56558s-.jpg
大阪守口本部では今年も多くの新規加入者が増加し、現在6名が在籍しております。2014年、2015年と離脱者が多数出た事態は今年で完全に穴埋め出来ました。来年以降更に発展させます。指導者の実感として2014年当時の在籍者よりも2016年の新規加入者の方が素質はベターじゃないかと思います。2016年六波羅蜜が先輩となって2017年新規加入者を導いてくれる良い兄弟弟子の関係が来年以降に期待出来そうです。
今年の3月に学研支部という新しい支部も誕生致しました。今後は1年1支部増加を目指して活動していきたいと考えております。また、京都支部では土曜日の練習が京都市伏見区に移動し、実質的に長岡京市と京都市伏見区の拠点が2カ所になりました。それによって新規加入者が増加する結果となっております。
各支部では技術的底上げの為、進級試験を順次開催し、拳技の向上を目指したい所です。大阪守口本部では2014年加入した在籍者、所謂2014年四天王は全て第壱段階の進級試験を合格致しました。来年以降支部でも進級試験をキャリアに応じてどんどん実施する予定です。
個人的に今年は香港へはあまり遠征に行けませんでしたが、管理人以外にも香港遠征する門人はおりましたが、いずれも短期間でありました。来年はもっと積極的に香港へ遠征するつもりにしています。
昨年11月以来親交を深めている横浜の銭彦師傳との関係は今年も一層深まり、今後とも良い関係を構築出来そうです。日本に於いて詠春拳の団体同士が親交を持った事自体、前代未聞の日本詠春拳史上初めての出来事だったと言う事がこの世界の非常識を露呈しています。非常識と言う日本の常識を常識にひっくり返す位の気構えが管理人にはあります。
管理人は詠春門の門人としての使命を果たすべく、拳技の向上、伝統の継承、後進の育成を滅私奉公で今後とも香港カンフー服務 日日進歩!」のスローガン通りやり抜いて参ります。その意味では2016年は結果の出た1年にとなりました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿