香港・西貢・布袋澳「海鮮島漁港」 遠足で海鮮中華を堪能!

※※※当學院への入会・見学等のお問い合わせは下のリンクをクリック下さい。※※香港カンフー武術學院 専用お問い合わせフォーム 愛知支部は定員に達しましたので今年度の募集は終了しました。

香港の都会の喧噪を離れて遠足で郊外を楽しむ事も滞在中の楽しみです。今回は清水灣半島の南部にある布袋澳へ赴きました。布袋澳には2件の海鮮中華料理屋と1件のスイーツ店があります。また道端には乾物を売るお土産屋さんがあったりします。香港の郊外は食べると言うキーワードで栄える遠足場所があります。布袋澳はその一つです。旺角からバスを乗り継いで最後はミニバスに乗って約1時間30分掛かりました。最後のミニバスが時速約70キロで山道をぶっ飛ばす恐ろしい公共交通機関です。4歳の子供と乗ったら子供は手摺りをしっかりと持っとけ!と運転手から大声で注意を受けます。実際手摺りを持ってないと振り飛ばされそうになる恐怖の乗り物でした。
211s-.jpg
今回は海鮮島漁港と言う海鮮中華料理を目指しての旅です。わざわざ1時間30分掛けて訪れる価値のあるお店です。場所は香港九龍清水灣道布袋澳6號地下とありますが、この場所が九龍なのかは微妙。管理人は新界なんじゃないかと思います。
215s-.jpg
名物の魷魚刺身を早速オーダー。すると生け簀に案内され、好きなイカを選びます。しばらくすると頼んでない椒鹽鮮魷(イカの天ぷら)がやって来ました。「そんなの頼んでない!」と店員に訴えると、「刺身では使わないゲソを料理してます。刺身を注文したらセットになっている」との事。こっちは店員さんの広東語を理解するので精一杯です。
椒鹽鮮魷は日本には馴染みのない赤酢が添えられています。食べてみると香ばしくて旨い。赤酢は微妙。不味くはないです。次にやって来たお目当ての魷魚刺身はかき氷の上に薄くスライスした紋甲烏賊がてっさみたいに切り分けられています。日本でイカの刺身と言えばヤリイカとかスルメイカが好まれますが、こちらでは魷魚(紋甲烏賊)が刺身用のイカとして珍重されてるようです。紋甲烏賊でも締めタテなので食感も良いです。活きの良さが旨さに直結している様です。香港らしく大量のワサビで頂きます。ワサビが鼻に抜けツーンとした刺激の中を食すと旨いです。名物なのは納得出来ますね。因みに刺身はSASIMIと言っても勿論通じません。広東語でチーサンと言わないと通じないですよ。
216s-.jpg
次も水槽から選んだ赤ハタです。清蒸魚(蒸し魚)はハタが合いますね。美味しく頂きました。あとは揚州炒飯清炒芥蘭をオーダーしました。
214s-.jpg
料金はここまで来て高かったら怒りますというお値段です。海鮮の活きは全部水槽なので活きが良すぎです。往復で遊園地以上のスリルを感じるあの緑のミニバスさえ無ければ最高の遠足になるでしょう。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿