大阪守口本部に新しい木人椿が到着しました。

10・16李恆昌師傳のハイパーSNT(小念頭)セミナーのお申し込みは下のリンクをクリック下さい。 李恆昌師傳のハイパーSNT(小念頭)セミナーのお申し込みフォーム


※※※当學院への入会・見学等のお問い合わせは下のリンクをクリック下さい。香港カンフー武術學院 専用お問い合わせフォーム


しばらくの間、当學院の大阪守口本部練習場には常設の木人椿がありませんでした。しかし、本日、注文していた待望の新しい木人椿が中國からようやく到着致しました。新しく大阪守口本部へ設置する木人椿は吸盤固定式自立型木人椿スタンダードです。もちろん葉問式の木人椿ですよ。
21212211s-.jpg
木の材質は恐らく楠木と思われます。大阪守口本部では以前連架式自立型木人椿スタンダードを永らく使用していましたが、練習場が手狭になったため2年程前に手放しておりました。今回2年ぶりで大阪守口本部練習場に木人椿が復活する事になった訳です。そもそも詠春拳の武館で木人椿を設置していない事こそが恥ずかしい限りの状態と言えるでしょう。やっと普通の状態に回復したと管理人は胸をなで下ろした次第です。
IMG_0703s-.jpg
吸盤固定式自立型木人椿とは基底金具の底へ吸盤を取り付けて床と固定する木人椿で省スペースで設置出来る所が最大のメリットです。画像では4カ所しか固定していませんが、吸盤は実際14個もあってなかなかしっかりしています。
IMG_0706s-.jpg
椿手も椿腳も太くて重さも充分あって個人的には大変満足しております。徐々に木人プロテクター付けたりしてカスタマイズしていくつもりです。実際、門人の中にも近頃木人椿を練習する必要性も出てきておりますし、今後とも大活躍してくれる事でしょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿