学研支部と合同練習しました。

昨日は大阪守口本部の通常練習日でしたが、この練習に今年誕生した新しい支部である学研支部の練習生が参加し、合同練習となりました。現在、学研支部は指導員1名、支部員1名です。その2名が初参加し、大阪守口本部の練習生と初めての合同練習を行いました。
野原さん(仮名)
この日参加した学研支部長の野原さん(仮名)は「支部員の杉本さん(仮名)を初めて連れてきました」とやや緊張気味。まずは杉本さん(仮名)の小念頭を診ます。「念頭不正、終世不正」と葉問口訣にもあるように、小念頭が大事です。当學院では小念頭が出来ない者に教える事は何一つありません。折角なのでこの機会に小念頭を拝見しました。杉本さん(仮名)は入門するまでに香港で同門の温鑑良師伯の武館を訪ねたり、○挺派Wing Tsunを習っていたので案の定、いい加減な小念頭をやっておりました。
1112222333232211_.jpg
管理人が小念頭の途中でその動作はどんな意味があってやっているのか?と質問します。杉本さん(仮名)が答えられないと意味のない事をやらないのが詠春拳の極意なのじゃ!一喝する場面もありました。小念頭に意味のない動きは一切ありません。他派の小念頭に限って無意味な儀式的挙動や形式的な無駄な動きが散見する場合が多々あります。訪問の皆様もいい加減な詠春拳をやってる場合は注意する必要があるかも知れませんね。
※※※学研支部への入会・見学等のお問い合わせは下のリンクをクリック下さい。※※ 専用お問い合わせフォーム

杉本さん(仮名)の場合は小念頭をしっかりと指導致しました。今後の杉本さん(仮名)の向上を期待し、学研支部の今後の発展と杉本さん(仮名)が将来学研支部の良き兄弟子となるよう管理人は温かく見守っていきたいと思いました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿