香港・西九龍・深水埗「增煇大排檔 & 增煇藝廚」グロリアスな夕食

※※※※※入会・見学等のお問い合わせは下のリンクをクリック下さい。※※※※※専用お問い合わせフォーム


管理人の通っている武館からほど近くにある、屋台風料理屋です。最初に行ったのは李恆昌師傳の接待で2005年3月に連れて行ってもらいました。当時はどこから見ても大排檔(屋台)でしたが、最近では少し偉くなって增煇藝廚と名乗り、一端の料理屋を気取っております。しかし料理を作っているのが道端なので現在でも增煇大排檔とも呼ばれて親しまれております。
住所は深水埗石硤尾街31-33號地舖 とあり、以前紹介した小菜王大牌檔食房の隣にあります。この一体は夜遅くまでお客が訪れ賑やかな場所です。
0215FY92C937F4EC7C86C4l.jpg
海鮮の新鮮さはどこにも負けないと店の親父が豪語するように海鮮料理が自慢ですが、美味しいに比例してお値段がうなぎ登りになってしまうため、本日は海鮮をほぼ封印して海鮮以外の夕食です。
96813652s-.jpg
前菜に脆皮燒肉(豚の丸焼き)とWasabi魷魚圈 (わさびエッセンスの効いた烏賊リング)の2品をオーダー。香港の常識からするとちょっと火の通りが浅く、柔らかい目の燒肉ですが、個人的には合格点。味も塩辛すぎず箸が進みます。次にここの名物料理でもあるWasabi魷魚圈は見た目の地味さとは好対照の一品。口に入れた瞬間から脳天にわさびエッセンスの刺激が突き抜け、罰ゲームかと思わせる一品。お客をして劣悪と言わしめるビックリ料理です。しかし、その刺激が癖になる人にはリピート必至の一品でもある訳です。
更に生炒咕嚕肉(スブタ)と上湯浸白菜仔(青菜と揚げニンニクの炒め浸し)この2品は王道の味。非の付け所のない広東料理です。香港の咕嚕肉は本当にウマい! 日本のスブタとは全然違う本物の味です。安易に醤油に頼らないからこの味になるんですね。香港でマズい咕嚕肉を食べた経験ありません。白菜仔もニンニクが香ばしく歯応えも楽しい旨みがが口の中に広がる秀逸な一品。どんどん箸が進みます。
96813653s-.jpg
次に炸乳鴿(子鳩の丸揚げ)、黃金蝦(黄金エビ)を注文今回の黃金蝦はエビを揚げてあるタイプの料理でした。管理人の相方は煎ってあるタイプが好みだったようで、ちょっとご立腹。それは仕方ない、広東語でそこまで細かい指示できね~し。と強引に相方を納得させる管理人でありました。そして締めの紅燒伊麵(焼きソバ)、定番の楊州炒飯(焼きめし)を頂きました。伊麵は日本では余り提供されない麵で高級とされています。伊麵一旦揚げた麵を戻す製法で提供されます。それはインスタントラーメンと製法が酷似しています。香港に古来より伊麵を食する習慣があったから、日本のインスタントラーメンは香港で受け入れられ、普及したと考えられています。また、炒飯の場合、日本で安易に醤油の味を付ける事が多いですが、炒飯は塩味が基本です。管理人は基本に忠実な味が好みです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿