年始のご挨拶

明けましておめでとうございます。本年も当學院に関する耳寄りな情報を随時発信していきますのでご期待下さい。今年は一層の組織拡大と強化を目指して香港カンフー服務 日日進歩!をスローガンに発展させていく所存です。

次の24日日曜日は愛知支部へ交流指導会を開催致します。今回は第壱段階の進級試験合格者向けの指導です。尋橋第壱節の講解と第参段階の練手をいくつか紹介します。前回は尋橋と言う套路の概略だけを紹介してきましたが、今回からは形ばかりの套路に魂を入れていく作業を行います。それによって愛知支部の門人は大きな課題を背負ってしまいますが、めげずに課題の解消へ向けて頑張って頂きます。恒例の名古屋めしの昼食や新年会も開催予定で楽しみの1日となりそうです。愛知支部への訪問は過去に年に3回程度行われてきており、今年も同様に実施されます。

昨年は当學院の10周年記念にあたり、様々な記念事業が催されてきました。その中でも、李恆昌師傳による「黃淳樑系詠春拳特別セミナー」を日本で開催できた事は最も喜ばしい出来事でありました。今年も昨年に引き続き当學院が李恆昌師傳を香港から招聘してご指導を仰ぐ事となりました。今年は10月10日月曜日から10月16日日曜日までの昨年よりも長い1週間と言う期間訪日される事になりました。期間が長い分腰を据えて指導して頂ける事になるでしょう。詳細は後で発表させて頂きますのでお待ち下さい。

進級試験に関しては、現在大阪守口本部の2014年入門の練習生4名が第壱段階の進級試験に挑戦中です。4月までには全員合格を目指しております。そして、今年は2012年入門の門人1名が初めて第弐段階の進級試験にチャレンジ致します。ご期待下さい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿