香港・九龍・旺角「日升美食店」夜の一杯

2015年5月某日夕食後の一杯で訪れました。朝は飲茶、昼は定食、夜は中華惣菜でご飯か一杯飲みの店となります。屋台風の広東料理の店です。
日升美食店、場所は旺角花園街123A號市政大樓3樓5號店 です。今回は夜の日升美食店をお知らせ致します。
8172631.jpg
アルコールはもちろん金威(King way)ビール1本10元です。今回の香港では燒味がテーマなので、今夜も燒味を頂きます。前回紹介した専門店でも食べられますが、一般の広東料理屋でも燒味は置いています。市場にも燒味を量り売りするお店があり、燒味は香港人の食生活には欠かせないポピュラーな食材です。燒味と書いていますが、焼きたてアツアツを食する物ではなく冷めて常温状態で吊して保管している物をカットして食べます。
817263.jpg
基本的には何らかのタレを掛けて食べますが、今回紹介する脆皮燒肉豚の丸焼きは辛子ぐらいしか付けず、ほぼそのまま食べます。脆皮燒肉と言うだけあって、豚の皮がパリパリです。
中華料理は食感が命の所があって、豚の皮はパリパリでなければダメです。逆に鶏は滑らかじゃないとダメ。
日本の中華料理では茹で鶏がパサパサなのはよくある事ですが、香港では絶対あってはならない事です。
今夜は脆皮燒肉を肴にビールを楽しみます。アクセントに辛子が付いてきてるので辛子を付けながら一杯やります。良く火が通っていて皮がパリパリで食感も良く、ビールが進みます。基本的に塩味ですが、中華スパイスも効いて味に深みが出ています。豚肉の旨味を堪能したい方には最適です。もちろん食べきれない時は持って帰れます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿