香港・九龍・旺角「興發」熟食中心の茶檔

2015年5月某日午後の昼食に立ち寄りました。香港の昼食によく利用する日升美食店の隣にあるお店です。日升美食店で食べようとテーブルに座った所、すかさず日升美食店のおばさんが「もう終わったので隣で注文して!と言う事で仕方なく隣の興發で昼食する事になりました。
興發
興發旺角花園街市政大廈3樓熟食中心 、つまり日升美食店の隣です。看板には興發 立頓(リプトン)紅茶とあります。

香港には茶檔と言うカテゴリーのお店があります。基本的には日本の喫茶店のようにコーヒーや紅茶など飲み物を提供するお店ですが、サンドイッチやスパゲティなどの軽食も提供してくれます。香港ではそんなお店を茶餐店と呼びますが、屋台での営業の場合は特別に茶檔と呼ばれます。街市(公設市場)の熟食中心(食堂街)には昔、屋台だったお店を行政が強制的に移転営業させたお店が多く、そんな経緯から屋台だった頃のの風格を伝える伝統的な店が少なからずあります。今回の興發もそんな中の一つです。
看板
今回は午後も2時過ぎておりましたので下午茶餐のみの営業でした。店の看板に客飯套餐28元凍飲加2元とあり、叉焼煎旦飯(チャーシューと目玉焼きのせご飯)、火腿煎旦飯(ハムと目玉焼きのせご飯)しかありません。選択肢が圧倒的に少ないですが①の叉焼煎旦飯を迷わずチョイス致しました。
叉焼煎旦飯
香港独特の甘醤油「豉油(シーヤウ)」を掛けて頂きます。ケレン身も華美な装飾もないそのんまの味ですが意外に食べてみると美味い一品です。香港の叉焼は香ばしくてGOOD! 安くて美味い香港の定番です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿