第2次香港遠征と年末年始情報!

来る12月27日より1月4日までvingtsun-maiが香港へ遠征致します。拙者の場合、今回は定例的な訪問で際だったテーマというものはありません。引き続いて拙者の弟弟子が1月2日から1月15日まで香港遠征します。弟弟子は洪拳で武器術の「夜戦雙刀」を教えてもらうそうです。もちろん憶えてくれば日本初伝来となりますので責任重大です。

当學院は本場・香港の武館と直接関係がある日本で唯一の詠春拳の団体です。

従って守口本部練習場は基本的には2011年から2012年の年末年始は12月27日から1月4日までは閉館致します。ただし、事前に相談され弟弟子が練習を引き受ける場合はその限りではありません。

第1次香港遠征では弟弟子が五郎八卦棍を伝授してもらいまして、また、弟弟子が昨年に胡蝶子母刀を授かったのを皮切りに、拙者は今年の5月に六點半棍を教えてもらったので南派少林拳の武器術と非常に縁が出来ています。香港カンフー武術學院生は練習でも武器を取り出して練習する事が多くなっています。

拳術だけに止まらず武器術もやらなければ中国武術とは言えないですからね。あなたの指導者は「武器術なんかまだまだ先だ!」とか言ってないですか?

ちなみに他派の方が「国内だけでなく、香港サイドからも嫌われているようですが、そこかしこでトラブル起こして何考えているのですか?初心者程度の実力でよく勝手に系図なんかつくりますね。人として恥ずかしくないのですか? 黄淳梁の名を貶めるのもいいかげんにしたらどうです?」とか主張しておられるようですが、この様な事は全く事実無根であります。当學院は関係のある香港の武術関係者及び団体とはとても良好な関係を構築しているのでご安心下さい。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿