2014年十勇士から2014年九龍の眼(クーロンズ・アイ)へ

昨夜、ある2014年十勇士の練習生からメッセージが来て
突然ですがいろいろと悩み考えたのですが、退会させていただきたいとおもいました。自分勝手とは思いますがお許し下さい。短い間でしたがお世話になりましたと一方的な退会を告げるものでした。
当學院へ入門する場合は
①修業が長期的な取り組みになる事を理解し、1年間は定期的に参加すると言う事を入門前に了承しなければ入門は許可されません。
②従って当學院へ入門すると言う事は、入部金5000円月謝6000円の1年間で、合計77000円を支払う契約をしたのと同じ事になります。
③つまり、77000円を1年間掛けて分割払いしている訳です。

ところが途中で退会する場合は退会した時点までの月謝を納入するのは練習生として当然の義務です。これは練習に参加していなくても当然の事ながら月謝の支払い義務は発生致します。当學院の支払い方法は月謝6000円です。練習生が練習に参加する、しないとは全く関係ありません。練習に参加していないからと言って月謝の義務から逃れられるものではありません。
今までは退会時までの入部金5000円とを申し出る月までの月謝を支払えば退会手続きを取っておりましたが、次の機会からは1年未満の退会は支払総額が77000円となる様に請求させてもらう事に変更する事としました。こうなると早期に退会すると退会するためには77000円からこれまで支払ってきた額を差し引いた金額を一時金として支払わなければ退会できない事になります。これで早期の退会に対して抑制効果を期待できます。
残念な事にこれで今年入部した練習生は2014年十勇士から一人減って2014年九龍の眼(クーロンズ・アイ)となってしまいました。一歩後退ですな。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 武道・武術 - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿