2014年の動向

2014年の愛知支部は練習生が定員に達しましたので新規練習生の応募については暫くの間休止させて頂きます。元来愛知支部は練習日が水曜日のみで少なく、水曜日に練習生が集中して参加してしまうと言う事情もあります。そうなるとスペース的にも指導する手間が掛かる意味でも新規練習生の応募にはお応えできかねる状態となりました。新たな募集は定員に空きができ次第、改めて募集させて頂きますのでそれまでお待ち下さい。
現在、愛知支部に欠員が出ましたので1名のみ募集しておりますお早めにお申し込み下さい。

大阪守口本部も2014年は7名の新規練習生が参加され、この状況を鑑みて新規練習生の募集については、7月以降に制限を設けようかと考えております。詠春拳は入門してすぐの段階が一番指導に手間が掛かります。よって一度に想定以上の新規練習生が居ると全体の練習に悪影響を及ぼしてしまいます。
入門して3年ぐらいになると詠春拳の中核技術を習得しなければなりませんが、手間の掛かる新人さんは全体から見るとから見ると邪魔者になってしまうるかもしれません。全体的に誰の邪魔にもならない様に考えれば一定数以上の練習生の層がいる事は和を乱すと考えざるを得ません。よって新規練習生の総数にも何らかの制限を設けた方が全体のためと考えるのが賢明です。

反して京都支部は練習生の応募が少なく、現在も新規練習生を大募集中です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿