香港・離島・長洲「興樂菜館」海鮮料理が安い!

2014年1月1日の夕食に行きました。今回の香港遠征での宿泊先は香港の離島・長洲の渡暇屋にしました。着いた翌日は練習にも行かず長洲でゆっくりと過ごしました。
長洲は香港の人たちも観光で訪れる離島ではいちばん発展した島で約4万人が住んでいます。ビーチの近くには渡暇屋といって自炊式の宿泊施設が多くあって、フェリー埠頭の前に紹介所がいくつも並んでいます。最近はベッドルームが2つと大きめのリビングがある部屋を1泊400HKD程で宿泊しています。4人ぐらいまではまとめて寝泊まり出来ます。うまくいけば一人100HKDで泊まれます。
その長洲の夜は海鮮料理を求めてやって来る香港人で大変賑やかになります。我々一行も海鮮料理を食べに出掛けました。フェリー埠頭から北に歩いていくと海傍路沿いにたくさんの海鮮料理屋が軒を連ねています。その中の興樂菜館へ行きました。
興樂菜館

場所は 長洲北社海傍路11D號舖 です。
白灼蝦(茹でエビ)、清蒸魚(蒸し魚)=本日は槍魚(マナガツオ)でした。豉椒炒蜆(トウチ味のアサリ炒め)、蒜蓉炒菜心(青菜炒め)、腰果鶏丁(鶏とカシューナッツ炒め)、海鮮湯(海鮮スープ)を頼みました。ビールはもちろん激安の藍氷(ブルーアイスビール)。
最初に単品のメニューしか持って来なかったので怪訝な表情でいると、後でセットメニューの載ったメニューを出してきました。全く油断も隙もない状況です。本来ここでは料理何品でいくらと言う明瞭会計(3品で138HKD)なのです。単品の料理ばかり頼んだら結構な値段になってしまいます。
しかし今回は4人で食べて会計は380HKDでした。チップも必要ありません。大満足です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿