2013年回顧録

本年も正統詠春拳の伝統を守りつつ、活動を行って参りました。今年も多くの新人練習生を迎える事が出来ましたが、1年を通して残ってくれたのは2名でした。秋に入部を果たした4名は全て脱落者となりました。
今年の新人さんの特徴は外人さんが多かったことですね。その中でも本土の中国人は根気がない様です。地道に続ける事が困難のようですね。また、今年は京都支部が誕生致しました。記念すべき年であります。
来年もこの取り組みは継続し、詠春拳練習生の更なる拡大を目指して邁進する所存です。また、来年は眞傳 詠春拳教本が終了予定です。3月にイップ・マンをリスペクトしたイップ・マンの眞実を刊行予定です。執筆も頑張ります。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿