中国人入門希望者の動向

今年は当學院にやって来る入部希望者に外国人が多い年です。愛知支部には既に名古屋在住のエストニア人が入部していますが、守口本部の方は中国人が多く見学にやってきています。

昨日も遼寧省出身の方が来られ見学と体験参加されました。日本語は堪能でしたが、話を聞いてみると大阪で詠春拳を1年程やっていたとの事。詳しく聞いてみると黒人さんから習っていたとの事…あっGHWCだと閃いてしまいました。ご本人はあの尋橋まで習ったらしいのですが、彼の素晴らしい小念頭をみただけであの尋橋までは見ませんでした。
あの尋橋の映像

見学者によると何とGHWCの指導者の系統は実は葉問派どころか、1世代遡る陳華順派詠春拳(実際にその様な言い回しはしない)らしいです。だからあの尋橋でもOKなんですね。恐らく日本で葉問派以外の詠春拳を公に教えてくれる所は「GHWC」のみです。珍しいので是非習いましょう。

先月京都の留学生の中国人がやってきて、彼は上海広州派詠春拳を6ヶ月程やってたとの事。日本に来て詠春拳を続けたいのでとやって来ました。
実際やってみると驚いたことに單黐手の手順が全く咬み合わない事に気が付きました。広州派詠春拳にも單黐手はあるものの、葉問派の單黐手とは全く別物です。今更ながら初体験する事もあるんですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿