六點半棍続き

去る2月2日から6日まで渡港した目的は前回の続きで六點半棍の練習をする為です。指導は黄淳樑派随一の使い手、彭永權パン・ウィンゴン)師伯です。練習時間は今回は3日日曜日の午前中の3時間のみですが、集中して取り組みます。六點半棍は常に四平大馬吊位馬なので堪えます。足がガクガクになりながら根性でやり遂げます。いつも練習後は歩くだけで太ももが攣りそうになってしまいます。
今回はやっと対人練習が始まりました。そして今回は基本的な棍の捌き方も教わりました。いつかはフリーファイト過棍までやり遂げるつもりです。その為にも今年中に攤棍を習得しなくてはと考えています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿