入門希望者の皆さんへ

入門希望者の皆さんへお知らせしたい事があります。先に見学か体験参加して頂き、その後に入門手続きとなりますが、入門希望者としての心構えと言うか当學院と希望者の皆さんとの共有事項をお知らせして円滑な入門となるよう支援したいと考えます。以下の4項目を熟読の上、ご了承頂いた方のみお申し込み下さい。

入門希望者は明確に詠春拳、できれば黃淳樑系詠春拳、もしくは洪拳を希望する必要があります。

何となく中國武術(カンフー)がしてみたい。と言うような動機が曖昧な方は当學院としてはお断りと言う対応になってしまいますご注意下さい。今の世の中動画投稿サイトを見れば詠春拳も洪拳も動画がいくらでも落ちています。それらを見てやりたくなってからお申し込み下さい。
見学時に詠春拳・洪拳への志望動機が曖昧な方はお断り致します。
もちろん「イップ・マンを観て」と言うような単純な動機でも何ら問題はありません。

入門希望者は入門後1年間は何があっても定期的に練習に参加できるつもりで申し込んで下さい。

そもそも習い事を始めて3ヶ月や半年で辞めてしまうのは、それこそお金と時間のムダです。それなら最初からやらない方がよっぽど賢明と言えるでしょう。習い事を始めた限りは始めるに至って決断した自分を信じて、1年間は自分には合わないと思っても続ける必要があります。辞めるのなら1年続けた上で決断して下さい。このお約束が出来ないという方はお断りしております。

入門希望者は一時的な精神的な高揚では申し込まないで下さい。

詠春拳や洪拳の修業は修得に約10年間程かかる時間の掛かるものです。にもかかわらず一時的な盛り上がりによる勢いでお申し込みされる方が非常に多く見受けられます。管理人は一時的な盛り上がりで10年間の修業期間に耐えられるとは到底考えられません。詠春拳や洪拳の最終段階まで修得意欲のある根気ある方の応募を当學院は心からお待ちしております。簡単ですぐ身に付く、又は先週はやる気満々だったけど今は微妙と言うような方からのお申し込みは堅くお断り致します。

入門希望者は中國武術の基本功は地味な練習が多く、初心者が基礎を身に付けるためには、地味で辛い基本功を黙々と積んで向上していく事が不可避であると言う事を知るべきです。

世の中には楽しみながら身に付けていけると言う風に誤解している方が多くおられます。しかし、中國武術を初心者が修得する場合、地味な基本功を黙々と積んでいく必要があり、その道のりは決して平坦ではありません。詠春拳の場合、詠春拳で楽しめるのは約3年を経過した練習生でしょうか。それまでは地味な基礎練習の積み重ねの連続であり、管理人は初心者にとって詠春拳の修業は決して楽しいものではないと断言できます。基礎のない者に応用も実戦も無いのであって、この辛く厳しい初心者の期間を耐えられないと思われる方からのお申し込みは一切お断りしております。
スポンサーサイト

新しい洪拳のTシャツデザインが完成致しました。

昨年は10周年記念行事で詠春拳の事ばかりやって来たのを反省して、今年は洪拳にも注目していこうと管理人は考えております。そこで早速洪拳のTシャツを制作しようと考えました。デザインを考えておりました所、何とか良いデザインが出てきましたのでご訪問の皆様にお知らせ致します。
洪拳Tシャツ
当學院には詠春拳と併習する形ではありますが、洪拳の練習生も開設当初から少なからず存在し、連綿と伝統を受け継ぐべく日夜練習に励んでおります。昨年は詠春拳ばかりに日が当たってしまい、洪拳を疎かにしたかの印象を持たれておりますが、2016年は洪拳を前面にアピールしていきたいと考えております。その先駆けとして「洪拳Tシャツ」を制作する事にしました。制作に当たっては香港の師傳とも連絡を取り合ってご意見を頂戴しながら慎重に制作致しました。

京都支部にホームページが出来ました。

この度、香港カンフー武術學院 詠春班・洪拳班京都支部に新しくホームページが完成致しましたので訪問の皆様にご報告申し上げます。出来上がった所なのでまだまだ至らぬ点もあるでしょうが、今後とも温かく見守って頂きたいと存じます。当ブログ共々ご愛顧頂きたく伏してお願い申し上げる次第であります。
香港カンフー武術學院 詠春班・洪拳班京都支部ホームページこちらをクリックしてみて下さい!

IMG_0231_s-.jpg
上の画像は、昨年の李恆昌師傳による「黃淳樑系詠春拳特別セミナー時の香港カンフー武術學院 詠春班・洪拳班京都支部のメンバーによる集合写真です。今年は一層の勢力拡大を目指して目下京都支部は日夜活動中です。京都周辺で詠春拳や洪拳に興味のある方は是非一度見学にお越し下さい。