李恆昌師傳からTシャツを頂きました。

来日直前の2015年5月23日、深水埗の詠春拳學武術學院にて李恆昌師傳からTシャツを1枚頂きました。実はこのTシャツは昨年11月8日に開催された黃淳樑同學會國際同門研討聚會2014 (香港)」において黃淳樑直伝の師傳のみに配布された特別なTシャツでした。
頂いたTシャツ実は…
眞鍋はこのTシャツが欲しいと李恆昌師傳に直訴したところ、快諾を得て、眞鍋は念願のTシャツをゲットできました。この李恆昌師傳から頂いたTシャツ背面ののデザインを写してプリントシャツを制作する事にしました。このTシャツの前面にはWSLSAのマークが入っているので前面のロゴは没! 背面のみ利用します。その代わりに前面には眞鍋がデザインしたシヴいマークを採用致します。
    眞鍋制作のマーク
       眞鍋制作の前面のデザイン(上)

3211s-.jpg
                  背面のデザイン(上)
上の画像の香港カンフー武術學院のマークは眞鍋が後で追加したものです。本来は黃淳樑詠春拳學のマークのみです。秋以降に制作予定の2015年版ユニフォームシャツにご期待下さい。
スポンサーサイト

2015年雙璧

昨年の2014年は練習生の当たり年で最終的に7名の練習生が残留し、所謂2014年七福星と呼ばれております。それに反して2015年は練習生の応募が少なく、現時点で2名の練習生が正統詠春拳の習得に励んでおります。そこで2015年新規練習生はは2名の為2015年雙璧と呼ぶ事にしました。現時点では脱落者は出てきておりませんので、是非残留してロンリーウルフにはなって頂きたくないと考えております。現在、香港カンフー武術學院では2015年新規練習生を大阪守口本部(詠春拳)愛知支部(詠春拳)京都支部(詠春拳・洪拳)で募集中です。ご応募は右の専用お問い合わせフォームに必要事項を入力して送信し、返信をお待ち下さい。
伝統的に大阪守口本部では武道経験者が少ないと言うジンクスがありまして、今年も武道未経験者が一人、自称経験者が一人という状態です。武道未経験者と言っても野球や卓球など他のスポーツの経験者はいます。その中でも異質なのは他派詠春拳経験者が2名、所謂移籍組がおります。移籍組は当學院に移籍して眞傳に出逢える事が出来たと大変感激しています。その他伝統派空手経験者が一人在籍しています。
これに反して愛知支部は武道経験が豊富な方が入部してくる事が多く、空手でも剛柔流、和道流、極真カラテとヴァラエティ豊富です。他派詠春拳経験者もいて、なかなか肩書きを聞いてみると蒼々たるメンバーです。過去にはテコンドー指導者も在籍しておりました。
京都支部は剛柔流空手、糸東流空手、合気道、大陸詠春拳など経験者と武道未経験者が半々です。
ちなみに現在香港カンフー武術學院には中拳オタクと呼ばれる方は一人も在籍していません。ブルース・リーマニアはおられます。