指導者のスキル

今年になって10人の新人さんを迎え、ほぼ毎日やって来るようになった練習生と共に汗をかいている毎日です。指導者として詠春拳を教えるに当たって理解と体現を目指して日々精進しておりますが、様々な場面を経験する事によって蓄積された指導法がフィードバックされ、指導するスキルアップに繋がっている事に気付かされます。
新人さん達が説明しても理解すら出来ない場面に遭遇しても、慌てず違う切り口から分かりやすく説明できたり、なかなか体現できない技術が練習をひと工夫する事によって体現できるようになる事は最近珍しい事ではなくなってきました。昔は通り一遍の説明しか出来ず、練習生が理解に困惑したり、体現できずに練習が暗礁に乗り上げてしまう事が良くありました。
それは自分が修業時代に簡単に習得できた技術を練習生が理解・体現に苦労している場合、何が分からないのか理解できない場合がよくありました。この様な場合は練習生を習得させるのに指導者として大変苦労しました。だから、指導者となって日が浅い内の昔の練習内容は今と比べれば習得が断然に困難だったと推察されます。今では経験がスキルとなって様々なオプションの練習も年月を経る毎に考案してきました。なので現在は技術の習得は格段に優しくなっていると思います。この経験は更に積み上がって向上していると断言できます。
練習生も教えた時に3つの反応があります。
①指導者が何を言っているのか理解すら出来ない。(理解も体現も不可能)
②言ってる事は理解できたが言った通りやってみる事は現時点では不可能。(理解のみ可能)
③指導者から言われた事が理解でき、すぐにそれが出来る。(理解も体現も可能)
悪い指導者は③の練習生しか相手にしない場合が多いです。それでは指導者として下と判断せざるを得ません。果報は寝て待てタイプの非常に悪い指導者ですね。①の練習生は放置プレイとなる可能性大です。通常の師弟関係ではなく、生活のために月謝を支払うだけの関係と考えるべきです。
指導者として最悪なのは、練習生に詠春拳は習得が難しい。自分には無理かもしれないと思わせてしまう事です。練習生をこの様に思わせるのは明らかに指導者の指導力が無いからです。絶対練習生にこんな事を思わせてはなりません。

少しずつでも努力すれば必ず望むべき結果を獲得する事が出来る。もちろん時間は掛かるかもしれないが将来、自分は詠春拳を必ずや習得できると常に思わせ、練習を前向きに取り組める様、地道に継続させなければ指導者とは言えません。練習の度にこの様なモチーべーションを確認し、今向かっている方向性を指導者と検討し、目標を共有していきます。
今自分に何が足らないか理解し、それがいつどうすれば解決するのかと言う目標が設定できていれば、ほとんどの練習生はどんな困難な練習も乗り越える事は可能と考えます。
詠春拳は簡単です。詠春拳を修業する上で少しでも困難を感じさせるような指導者は明らかに指導者失格です。
当學院では練習生を見捨てる事は絶対にありません。指導者についてくる人は全員習得させ得る明快なスキルがありますのでご安心下さい。今年は脱落者が一人も出ていないのは、当學院の指導法が一層向上している事を証明しています。
スポンサーサイト

三人目の修了者が誕生!

皇紀2674年7月27日、遂に大阪守口本部で詠春拳學第壱段階」の三人目となる修了者が誕生致しました。大阪府四条畷市在住の野原さん(仮名)です。
野原さん(仮名)
2012年から詠春拳を始めた所謂2012年雙璧の一人です。普段の練習でも師弟の練習生に対して非常に面倒見の良い良き兄弟子の練習生です。3月から試験が開始されましたが幾度か辛酸を嘗めるも本日6項目全て満足となりましたので記念のTシャツと允許状を授与致しました。おめでとうございます。

二人目の修了者誕生!

2014年7月13日、遂に二人目となる詠春拳學第壱段階のテスト修了者が誕生致しました。お名前は大阪本部のある守口市にお住まいの三田さん(仮名)です。3月から開始したテスト6項目全て優秀な成績でクリアされました。4ヶ月以上を費やして技術の研鑽に精進された結果、この日に晴れの日を迎えられました。
三田さん(仮)
一番難関だった事を聞いた所、「やはり普段練習慣れしていない上馬・退馬ですかね」との答え。よくよく考えてみれば歩法はこのステージ以外に練習をやり込む事はないし、対人練習でも歩法の訓練をしっかりと行えるものはありません。よってこの段階である程度の上馬・退馬の技量に達していなければならないと考えます。他の技術は次の段階で修正も可能でしょうが上馬・退馬は修正する所がない、つまり習得してしまわなければならない必須技術です。それだけにテストとして求めるものが高く一番の難関となってしまっていると思われます。挫けず根気よく精進する事が唯一の解決の早道であることを理解して付いてきて欲しいと考えます。

香港・九龍・旺角「日升美食店」お昼の定食

2014年1月4日の昼食に赴きました。香港訪問中最低一回は食べに行きます。
日升美食店、場所は旺角花園街123A號市政大樓3樓5號店 です。形式は大牌檔です。花園街街市の上の熟食中心の一番奥の店舗です。
日升美食店と例湯
朝10時までは飲茶。
昼11時30分からはおかずを1品頼むと、お茶、白ご飯(食べ放題)と例湯(日替わりスープ)が付いてくる一膳飯屋。
夜18時以降は中華料理屋
昼食の場合、基本的には席に座るとおばさんがやってきてお茶を尋ねられます。お茶はもちろん普洱茶(ポウレイチャ)、香港スタンダードです。
お茶と茶器が人数分やって来ますので、洗杯(サイブイ)します。洗杯とは食器や茶器を1煎目のお茶を利用して洗う事です。香港では食事前のちょっとしたお作法なのであります。そして例湯(ライトン)日替わりスープが人数分やってきます。例湯は基本的にはくたくたに炊いた根菜や豆類、骨付き肉に塩味のスープですが、味が圧倒的に薄いのが特徴です。
菜牌
洗杯が終わると注文ですが、お品書きには中華料理のおかずの名前がずらっと並んでいます。つまり、注文したおかず一品と白ご飯一杯、例湯一杯で中華定食の出来上がりと言う寸法です。値段は28HKDから37HKDとおかずによって変化します。また、定食もありますが、碟頭飯(ディップタウファン)と呼ばれる中華どんぶり(ぶっかけご飯)類も充実しています。
本日のおかず

本日オーダーしたのは油包鶏雜(ヤウポウガイジャッ)砂肝炒め、滑蛋蝦仁(ロッダーンハーヤン)エビ玉炒めです。油包鶏雜は親鳥の砂肝らしく、こんな硬い砂肝を食べたのは生まれて初めての体験でした。砂肝以外にもハツや肝も入っておりましたが兎に角砂肝が印象的な一品でした。包丁で細かく切って食べやすくしてあっても猶、悪戦苦闘致しました。味はシンプルな塩味と生薑でオーソドックス。また、滑蛋蝦仁は自宅で再現しようとしてもご覧のような厚みが出ません。フワフワのプリプリで何回食べても美味しい料理。簡単な料理のようで実は奥が深い一品です。この日は極限まで硬い料理と究極の柔らかい料理を頼んでしまいました。