香港・西九龍・深水埗 「信興酒楼」老舗飲茶処

深水埗は我々の通うカンフー武館があるのでホームグラウンドの様な所です。今回は伝統的広東料理の信興酒楼を紹介いたします。
場所は  深水埗桂林街93號地下 にあり、向かいには市場があって周囲は露天商も多く、大変賑やかな所です。桂林街にはこのコーナーでも紹介した名店が軒を連ねる通りで、その中でも特色を放つ名店です。飲茶でお世話になってます。
信興酒楼
訪れたのは2013年2月3日の昼食で、日曜日の午後という事もあって大変混雑しており、このお店のスタイルでもあるワゴンの巡回は出来なくなって、自分で取ってくるスタイルになっていました。席に着いたら早速、洗杯します。洗杯とは一煎目のお茶を利用して食器を洗う事です。まあ、食べる前の儀式みたいなもんです。
洗杯はもはや常識
古い形式の飲茶が楽しめる店は、九龍ではこの店と、以前に紹介した「得如酒楼」が双璧です。点心もよその店では見かけなくなった内臓系の点心や大包など懐かしの点心が今もって提供されています。
スポンサーサイト

リーダーがハヤカワを超えた!

当學院の注目度抜群の練習生、壮年部のシニアリーダー。彼が昨日遂にハヤカワを超えました。ハヤカワとは当學院の創立時のメンバーで1年間やって結局膀手が習得できなかったと言う人で、練習生は入門して「ハヤカワ」を超えることが当面の目標になります。厳密に言うとハヤカワが超えられなかった壁を超えろと言うことになりますが、略して「ハヤカワを超えろ」が合い言葉になっています。
シニアリーダーの勇姿
簡単な様に思われますが、背中からの力を用いて膀手を出すこと(画像1参照)は意外に簡単なことではありません。また膀手を出す時にどうしても肩が挙がってしまい、いわゆる「ハヤカワ流X受け」となってしまいます(画像4参照)。安定して膀手を出し、擸打を継続実施する事は出来ない人にとっては越えられない壁となります。
昨日の練習で壮年部のシニアリーダーが擸打を安定して継続実施する事に成功致しました。ク~ッ、良かったぜ!
正直言って入門してきた時はこの人をどう指導しようかと悩み、ストレスで突発性難聴になってしまうほどの逸材でございました。その人が私の前で安定して擸打している姿を見て感無量でございました。しかし。リーダーはハヤカワ流X受けは克服しましたが、まだ側身馬が梁挺派になっていました。梁挺派になってしまうのは今後の課題と言ったところですね。
この方を指導した経験は生かされ、今ではこの方も含んだ絶望の四大天王を指導させて頂いております。これも拙者の試練でございます。

洪拳班の課題

今回の2月2日から6日の香港遠征で洪拳班胡蝶子母刀散手(フリーファイト)が課題となっておりました。特に散手はいきなり導入すると危険な事から基本の体捌き的なものを教授してもらった様です。短い動画ですがお楽しみ下さい。



こんな感じで頑張っておりました。

となりの人間国宝さん

去る2月14日のバレンタインデーで賑わうこの日に、関西テレビの朝のワイドショーよ~いドン!(月~金曜午前9時55分~11時20分)の人気コーナーとなりの人間国宝さんの取材が当學院にありましたのでご報告致します。「香港カンフー武術學院」を街を歩きながら見付けて訪問すると言う事でロケが始まりました。その一部始終をお知らせ致します。
レポーターを囲んで

レポーターが「ここカンフーの道場ですの?」から始まって取材開始。練習生の形の演武から始まって当學院で練習している詠春拳の話など色んな話をレポーターと行いました。木人椿を使った練習を披露したり(実は洪拳の木人椿法の方が動作が派手なもんで、ちょっといいとこ取りして洪拳の木人椿法を披露しました)、詠春拳の黐手(チーサオ)と呼ばれる練習生同士による対人練習や過手(グォーサオ)と呼ばれるライトスパーリングを披露したりしておりました。
次に当學院の詠春拳で練習されている棍術、六點半棍にレポーターが興味を持たれ、六點半棍の基本を少し演武致しました。レポーターにちょっと棍を持って頂いたところ凄く重かったようで、しきりに「これは重すぎて使えない」とおっしゃってましたが、筆者がが軽々と弾棍を振り込んでいる様子を見て感心しきりと言った所でした。さて、注目の放映日ですが、2月27日水曜日との事でした。関西ローカルのみの放送ですが是非皆さんでご覧下さい。

六點半棍続き

去る2月2日から6日まで渡港した目的は前回の続きで六點半棍の練習をする為です。指導は黄淳樑派随一の使い手、彭永權パン・ウィンゴン)師伯です。練習時間は今回は3日日曜日の午前中の3時間のみですが、集中して取り組みます。六點半棍は常に四平大馬吊位馬なので堪えます。足がガクガクになりながら根性でやり遂げます。いつも練習後は歩くだけで太ももが攣りそうになってしまいます。
今回はやっと対人練習が始まりました。そして今回は基本的な棍の捌き方も教わりました。いつかはフリーファイト過棍までやり遂げるつもりです。その為にも今年中に攤棍を習得しなくてはと考えています。

映画「一代宗師」を観てきました。

去る2月3日日曜日、嘉禾荃新天地電影城で話題の映画一代宗師を鑑賞しました。
一代宗師
結論から言うとクソ映画でございました。近い将来日本でも公開されるでしょうが、期待程の事はないのでご安心下さい。
ジジイとおっさんのドアップばかりのカット割りは正直言って飽きます。葉問のキャラも「ニヒルな喧嘩好き」といった設定で意味不明。闘いに至る説得力も皆無でいきなり始まっていきなり終わります。観客ほったらかしで「アレレ!」で劇終します。香港のYahoo!で評価が分かれていたのが納得できた作品です。

4泊5日の香港短期遠征

来る2月2日から2月6日まで1年ぶりに香港遠征を行います。今回は4泊5日の短期遠征です。参加は4名で洪拳班は胡蝶子母刀、詠春班は六點半棍の続きです。女子部は洪拳のお師匠様とご対面を楽しみにしている模様です。遠征中に話題の映画「一代宗師」を観賞する予定にしております。