ウィンチュン同好會の降格条件

香港カンフー武術學院では、一般の練習生は全員完全下部組織の「カンフー倶楽部詠春班」の所属となります。香港カンフー武術學院へ昇格するにはインストラクターからの推薦を得て昇格しなければなりません。香港カンフー武術學院へ昇格したからには週2回以上の練習出席と年1回以上の香港への短期留学を継続しなければ、直ちにカンフー倶楽部詠春班へ降格処分となります。

また、カンフー倶楽部詠春班の練習生で月2回程度の出席実績が2ヶ月続くと「ウィンチュン同好會」へ降格処分となります。ウィンチュン同好會はカンフー倶楽部の完全下部組織で練習参加費用が月6000円の月謝制から1回参加で2500円の逐次払い制となります。内容はこれまでの復習中心の指導内容でで新しい練習は一切指導いたしません。見真似で向上できるほど詠春拳は薄っぺらな拳技ではないので残念ですね。降格処分にならないように練習生は是非常日頃から頑張ってもらいたいものです。

ウィンチュン同好會からカンフー倶楽部詠春班への昇格条件は、週1回以上の出席を1ヶ月間継続させることです。ただし、1回の練習参加が2500円なので当該月の練習費用合計は10000円以上必要です。不真面目な出席実態のペナルティなので仕方ありませんね。カンフー倶楽部詠春班へ昇格すれば新規の練習に取り組めて向上が図れます。
スポンサーサイト

香港・九龍・太子「永合隆飯店」ミシュランで☆

香港でソウルフードと言えば燒味とか燒臘と呼ばれるロースト類を出すお店がそれに当たるでしょう。先頃ミシュランで星を獲得した事で一躍有名になったお店があります。世界でも500円あればミシュランが星を授与した店の料理が食べられる店はここぐらいでしょう。

永合隆飯店 と言います。場所は 太子砵蘭街392號 とあります。
永合隆飯店
地鐵・太子駅付近でネイザンロードから1本西へ入った通りが砵蘭街。この辺りは中国行きのバス停留所が近い為、賑やかな場所です。拙者が通う武館にも近く練習前の腹ごなしにピッタリです。
店内の様子と切雞焼肉飯
今回は豚肉のロースト「焼肉」と茹でたニワトリ「白切雞」の雙併飯つまり、ダブル乗せご飯をチョイス。香港では味の付いたお肉と炭水化物の組み合わせが珍重されます。日本じゃちょっと敬遠されそうですね。これぞ中華料理は野菜が多いとお考えの日本の方々にグーパンチを食らわす香港の食習慣です。
これが好きにならないと香港B級グルメは堪能できませんよ。お味の方はミシュランが星を授与するだけの事はあるお味。特に味以外の香ばしさと食感が絶妙でした。野菜欠乏症になっても必食です。あと店員のサービスは最悪ですがケチ付けちゃいけません。香港スタンダードが分かるお店でもあります。

カンフー倶楽部 武術班別 年齢性別 受け入れ状況

現在のところカンフー倶楽部では多様な年齢層の方に香港カンフーを楽しんでいただく為に少年部・青年部・壮年部と男女の差なく練習できるようにと女子部を開設しております。
しかしながら全ての方にと言いたいところですが、班によっては開設されていない部もございますのでこの機会に紹介させていただきます。
入門分類
ご覧の通り少年部には詠春班がありません。逆に壮年部は洪拳班がありませんのでご注意下さい。少年部は小学校の高学年より受け入れさせていただいております。8歳以下の小学校低学年の児童には傳統武術は無意味です。現在のところお断りしており、他のスポーツをお勧めしております。
カンフー倶楽部へのご入部をお待ち申し上げております。見學・體験参加大歓迎ですので奮ってご応募下さい。見學・體験参加希望者は右のお申し込み専用フォームで必要事項を書き込み前日までに参加日をご予約の上、お越し下さい。

眞傳 詠春拳教本 第5号鋭意製作中!

2月下旬に第5号上梓を目指して只今編集作業で大忙しの眞傳 詠春拳教本ですが、現在、原稿書きは終了して、今週辺りから写真撮影、レイアウト作業に取りかかっています。
第5号表紙(仮)
内容は擸打特集号です。

擸手は詠春拳の初期の段階では根幹をなす拳技であることは紛れもない事実です。簡単に説明すると、擸打とは相手の腕を掴んで相手を崩しながら、擸手によって相手の中線が開いたところに間髪入れず日字沖拳を打ち込むと言う拳技です。この段階になって詠春拳の対人練習は基本功(基礎技術)から応用技術へと展開することになります。通常、無限に両者が擸打を繰り返す対人練習の事を香港では、単に「擸打」と呼び、欧米ではこの対人練習をして「擸打サイクル」と呼称します。

詠春拳の特徴は機械仕掛けのように整然と構築された拳技なので、精密に詠春拳の術理通り実施しないとまずもって「詠春拳にならない」と言う事態に陥ってしまいます。

第5号ではどの解説書よりも詳細に解説し誰でも分かる詠春拳の解説書を目指しております。お値段は激安の525円(予定)これはもうタダみたいなもんです。第1号から第4号までは眞傳 詠春拳教本を知っていただく為に特別価格378円で頒布してまいりましたが、第5号からは内容も充実してきました為、本来の価格に戻してお買い求めいただく事となりました。ご了承下さい。

香港・九龍・旺角「日升美食店」昼食の定番

以前に紹介した店ですが、違う物を食べたので紹介させていただきます。
日升美食店と言って、場所は 旺角花園街123A號市政大樓3樓5號店 とあります。
日升美食店
形式は大牌檔です。花園街街市の上の熟食中心の一番奥の店舗です。
朝10時までは飲茶。
昼11時30分からはおかずを1品頼むと、お茶、白ご飯(食べ放題)と例湯(日替わりスープ)が付いてくる一膳飯屋。
夜18時以降は中華料理屋

…とこのお店は様々な顔を持っています。働き者のオヤジが切り盛りしています。

まずは朝の飲茶の様子から…
香港の地元の方々は盅蒸飯と言って蒸したご飯におかずが乗った点心が大好きです。勿論拙者も大好きです。今日は一緒に蒸した物がなかったので別々に取ります。二つを合わせて鹹魚肉餅飯にします。肉餅は豚ミンチのハンバーグですが弾力が凄くあります。その上に鹹魚(魚を発酵させたもので味はとてつもなく塩辛い)が乗っています。これに香港独特の甘い醤油をたらせば出来上がりです。塩辛いので白ご飯によく合います。
鹹魚肉餅飯
次は昼食です。
時菜牛肉大豆火腩を食べました。時菜牛肉は季節の青菜と牛肉の炒め物です。大豆火腩は豚のローストともやしの炒め物です。香港でもやし炒めを初めて食べました。もやしは炒め方が絶妙なのでシャキシャキッとした食感が最高です。お味の方は期待通りでありました。盛りつけ方は大牌檔(屋台)と同じなのでなかなかワイルドです。
時菜牛肉と大豆火腩

青年部長の選出!

2012年も2月になって、香港カンフー武術學院守口本部も結成して7年が経とうとしております。そこで組織引き締めを期して、カンフー倶楽部青年部に青年部長を選出する事にしました。2月初めての練習日である2月4日、選任式を行いました。選任されたのは昨年入部された練習生でまじめで定期的に練習参加して来られた方です。
青年部長
先月カンフー倶楽部壮年部のシニアリーダーを選任したところですが、鐵は熱いうちに打て! の喩え通り、こういうものは勢いで短期間にやらせてもらいます。責任感を持って運営する側に回ってもらうのも良い事ですな。頑張ってもらいたいものです。