傳と傅について

※※※当學院への新規加入・見学等のお問い合わせは
香港カンフー武術學院新規申込者規約を熟読の上、下のリンクをクリック下さい。下の専用お問い合わせフォームにて申し込まれた方は、上にご案内した新規申込者規約に同意したものと見なします。※※※
香港カンフー武術學院 専用お問い合わせフォームに必要事項を記入して送信し、担当者からの返信をお待ち下さい。
現在、大阪守口本部、愛知支部、京都支部、学研支部、東京支部で2017年男女新規加入者を募集しています。
2017年3月より詠春班東京支部が開設されました。当面は月1回、港区立の公共交流・コミュニティ施設にて定期練習会を開催中。次回の定期練習会は9月10日です。在籍者の参加費用は参加毎3500円です。ただし、次回より見学・体験参加者にも会場使用料の負担金としてお一人様500円申し受けます。只今、詠春班東京支部男女新規加入者を大募集中です。奮ってご応募下さい!
最終段階まで正統詠春拳を極めようと言う固い決意のある方からのご連絡をお待ちしています。詠春拳の経験者優遇! 未経験者歓迎!


当ブログでは師匠の事を師傳と表記して参りましたが、先日ある練習生から師傳ではなく正しくは師傅との指摘があり、確認の結果、練習生の指摘通りという事が判明致しました。これまでの表記が誤りであった事を認め、これまでを訂正し、以後は師傅と正しく表記していく事を宣言致します。
この漢字は、左側の人偏までは同じですが、右側の旁がが微妙に違います。傳は人偏と旁が専門のからなり、現代的には「伝」と表記し、の旧字体と認識されております。管理人は師傳とは師として伝承を次世代に傳(伝)える人の事を意味しているのかと思っておりましたので違和感は全くありませんでした。
しかしながら今回指摘を受け、確認してみますと、正しくは師傳ではなく、確かに師傅でありまして、とは左側の人偏までは同じですが、右側の旁がが微妙に違います。は旁が甫の下に寸が付きます。
これは中國にしかない漢字かと思ったら実は日本語にもあって、傅を訓読みすると傅くかしず・くと読みます。かしずくは斎く(いつ・く)とも読む事があります。傅く(かしずく)の意味は、大事に育てるとか世話をする。または後見すると言う意味で、ほぼ古語です。また、傅の音読みは広東語とはぼ同じの「フ」となります。
日本語の意味が正しければ師傅とは、伝える人ではなく、師として弟子を大切に育てる人と言う意味だったと言う事を今回初めて知りました。管理人も大事に育成し師傅と呼ばれるに足る人物となるよう精一杯努力致します。
日本語で師匠を意味する師傅という用語は中國独自のもので、たまに師父とも表記される事もありますが師傅が正しいようです。
まさに論語読みの論語知らずでお恥ずかしい限りのエピソードでありました。
これまでは訂正せず、この場をもちまして訂正に変えさせて頂きます。ご了承下さい。今後は師傅と表記して参ります。
スポンサーサイト

ミルホンネットで記事を書きました。

2014年10月24日発売のミルホンネット刊行のプロレス情報インターネット書籍週間マット界舞台裏2014年10月30日号で管理人がプロレスラーのオックス・べーカー氏の追悼記事を書いております。ちょっと画像の写りが悪くて恐縮です。
週刊マット界舞台裏2014年10月30日号
余り記事を書く事はないんですが、編集部の甘言にのせられて重い腰を上げてしまいました。プロレスラーのオックス・べーカー氏と言えばジャッキー・チェン主演の「バトルクリーク・ブロウ」に出演しておりましたので知ってる方もいるかと思います。
在りし日のオックス・ベーカー氏の勇姿
注目のお値段は税込み440円。絶賛発売中!
マット界舞台裏2014年10月30日号

購入したコンデジで画像を撮りました。

1
買ったばかりのコンデジ、キャノン IXY DIGITAL 25ISを取説片手に早速使ってみました。
2
10月7日の練習風景を画像に撮ってみました。参加者は管理人入れて6名、結構賑やかです。画像は夜なのでちょっと暗いですね。しかし問題なく撮れるようですな。今度の香港訪問で活躍してくれそうです。

中古のコンデジ買いました!

本日ヤフオクで落札したコンパクトデジカメ(略してコンデジ)、
キャノン IXY DIGITAL 25ISが届きました。2008年発売の品なので相当古いコンデジです。その代わり3600円+送料710円でゲットできました。安いと思ってますが、どうだか分かりません。1000万画素まで撮影できますが管理人はPC向けに撮るだけなので0.3メガピクセルで十分です。中古品特有のくたびれた感もなく快適に動作します。

キャノン IXY 25IS
勿論、来る11月8日・9日にある黃淳樑同學會 國際同門研討聚會2014 (香港)で使用するための購入ですが、香港で体験した事を正確に撮れそうです。今月中には手元にやってきて慣れておかないと操作で11月に使う段になって泡食っても何なので早めの購入となりました。以前持ってた2005年秋頃購入の

サンヨーのデジタルムービーカメラ Xacti DMX-C6(S)

デジタルムービーカメラDMX-C6(S)

がピンボケ連発で困っておったところ、これで暫くは助かりそうです。これでまともな画像や映像が記録できる様になるでしょうね。よく考えたら3年の差しかない訳ですが、なかなか品質は向上しているようです。管理人のニーズは低スペックの相変わらずなのでこれで十分です。

生誕53周年

本日管理人の53回目の誕生日です。2001年の40歳の誕生日に大阪の某老舗詠春拳団体に参加を果たしました。その時は朧気ながら全課程修了の目標を53歳としていました。当所は入門から13年で全課程修了と考えていた訳です。本日その53歳の誕生日が遂に来てしまった訳ですが、全課程修了とはほど遠い状態です。日本と香港を短期留学しながらの修業なので非効率なのは仕方がない所です。
13年と設定したのは12年で十二支が一周りするのと+1年余り根拠の乏しいものでしたが、香港に通い出したのは2005年なので2018年が正式に入門してからキャリア13年となりますが、この数字の方がまだ信憑性があるかもしれません。2001年から2004年までは詠春拳的には暗黒の時を過ごしてしまった訳ですが、4年間は完全に無駄な時間を過ごしてしまいました。早く香港へ行けば良かったと後悔しています。
2005年が香港で本格的な詠春拳の修業が開始されたと考えると現在キャリア9年で予定修了年限の13年までは後4年あることになります。後4年の内に全課程修了を狙います。
10250197_師公と葉問_n.jpg
52歳の前半に10人と言う大勢の新人さん(2014年十勇士)の指導を受け持つ事になって最近、感慨にふけっております。何故なら葉問が香港で弟子を取るようになったのも52歳の時でした。葉問が詠春拳を教え始めたのと同じ歳に10人の弟子と巡り会ったのも何かの縁に違いないと考えております。今年は葉問が香港で詠春拳を初めて指導したのとオーバーラップさせ、練習生との指導に対して特別な想いがあります。大事に過ごしていきたいと思います。来年以降は葉問が香港で発展させた様に日本の地で正統詠春拳を普及・発展させたいと切望しています。まず来年は香港カンフー武術學院設立10周年の節目の年に当たります。来年は驚く事を計画しているので発表までお楽しみにお待ち下さい。