李恆昌師傳の日本訪問の詳細が決まる!

※※※当學院への入会・見学等のお問い合わせは下のリンクをクリック下さい。※※香港カンフー武術學院 専用お問い合わせフォーム もうすぐ定員。定員に達し次第今年度の募集は終了します。

2016年の当學院最大のイベント李恆昌師傳の日本訪問が行われる10月も随分近くなってきました。当學院の在籍者はそれに向けて日々精進の日々を送っているものと思われますが、李恆昌師傳日本訪問期間の詳細が決まりましたのでお知らせします。
1332241_s-.jpg
10月13日(木曜日)大阪守口本部でご指導頂きます。
10月14日(金曜日)京都支部でご指導頂きます。
10月15日(土曜日)大阪守口本部で愛知支部・京都支部・学研支部の合同練習をご指導頂きます。
10月16日(日曜日)大阪守口本部で午後1時から午後4時でハイパーSNT(小念頭)セミナー in 大阪を開催致します。

この期間の見学・体験参加のお申し込みは堅くお断り致します。

当學院在籍者には案内状を送ってますので一般の参加者のみご案内致します。
一般の方は10月16日(日曜日)のセミナーのみ参加可能です。それ以外の参加はご遠慮願っております。16日開催のセミナーの参加費用はお一人18000円です。ただし参加には条件があり、葉問派正統詠春拳経験1年以上の方直接の指導者からの承諾書を提出出来る方以上2つの条件を履行出来る方となっております。それ以外の方が受講しても「馬の耳に念仏」となるのは間違いありません。聞く資格のある方のみ受講して頂きます。

10・16ハイパーSNT(小念頭)セミナー in 大阪のお申し込みは下のリンクをクリック下さい。 李恆昌師傳の「ハイパーSNT(小念頭)セミナー in 大阪」 お申し込みフォーム 残席僅か。お早めにお申し込み下さい。
スポンサーサイト

三角架式自立型木人椿を初輸入しました。

10・16ハイパーSNT(小念頭)セミナー in 大阪のお申し込みは下のリンクをクリック下さい。 李恆昌師傳の「ハイパーSNT(小念頭)セミナー in 大阪」 お申し込みフォーム 残席僅か。お早めにお申し込み下さい。

※※※当學院への入会・見学等のお問い合わせは下のリンクをクリック下さい。※※香港カンフー武術學院 専用お問い合わせフォーム もうすぐ定員。定員に達し次第今年度の募集は終了します。

永らくカタログ上に掲載されておりましたが、注文された事がなかった木人椿がやっと受注され、この度初めて初輸入の運びとなりました。中國から到着致しましたので、早速組み立ててみました。名称は三角架式自立型木人椿と言います。三角型の基底部と木人本体というシンプルな構造ながら、堅牢な造りとなっております。3443251311.jpg
この木人椿の特徴は木人本体底部の十字に切った溝本体下部から出た3個の突起です。本体底部の十字の溝は上の画像の通り、基底部の十字に交差した基底木とピタリと合致し、嵌り込みます。この後は3本の支柱を固定すれば木人本体と基底部は固定されます。後は木人本体に椿手と椿脚を差し込めば完成します。
IMG_0732s-.jpg
今回は木人本体が非常に重い木材で作られている為、打ち込んだ時の感覚も上々でしたが、同じ設計でも木人本体の木の材質が少しでも軽いと使用感は随分変わるかも知れません。画像では椿脚が装着されておりません。申し訳ありません。
お値段は139800円なのでラインナップの中ではお求めやすい価格となっております。

商品のお買い求め・お問い合わせは下のリンクをクリック下さい。
木人・コム ご注文、お問い合わせフォーム

カンフーベンチ Wデラックス 新入荷!

10・16ハイパーSNT(小念頭)セミナー in 大阪のお申し込みは下のリンクをクリック下さい。 李恆昌師傳の「ハイパーSNT(小念頭)セミナー in 大阪」 お申し込みフォーム 残席僅か。お早めにお申し込み下さい。

※※※当學院への入会・見学等のお問い合わせは下のリンクをクリック下さい。※※香港カンフー武術學院 専用お問い合わせフォーム もうすぐ定員。定員に達し次第今年度の募集は終了します。

この度、新しい商品を中國から入荷してみました。「カンフーベンチ Wデラックス」です。
11543.jpg
従来のカンフーベンチは松製の白木で作られており二人がけ用のW(縦100×横15×高さ43.5)と一人がけ用のS(縦38×横17×高さ43)の2種類でした。
wgkdn337-img303.jpg
wgkdn337-img336x448-1351579425vtik3h6286.jpg
この2種類は套路で振り回す事を考慮に入れ、とにかく軽量であることが導入する際の重要な要素となっておりました。
11547.jpg
しかし今回はカンフーベンチに従来にはないクォリィティーを求めました。木の材質を軽い松から堅牢な樫に変え、更に高品質になっております。今回はノーペイントからオーク色にペイントされています。光沢が素晴らしい逸品となっております。套路として使用するには少々重たくなってしまいましたので取り回しは悪くなりましたが、慣れた拳士ならば充分取り扱えるものと考えます。
11548.jpg
名称:カンフーベンチ Wデラックス
寸法:縦100㌢ 横15㌢ 高さ50㌢
重量:5.9キロ
材質:樫
カラー:オーク色
お値段は消費税込み・送料込みで1脚11500円です。

商品のお買い求め・お問い合わせは下のリンクをクリック下さい。
木人・コム ご注文、お問い合わせフォーム

第弐段階の修了マークが完成しました。

10・16ハイパーSNT(小念頭)セミナー in 大阪のお申し込みは下のリンクをクリック下さい。 李恆昌師傳の「ハイパーSNT(小念頭)セミナー in 大阪」 お申し込みフォーム 残席僅か。お早めにお申し込み下さい。

※※※当學院への入会・見学等のお問い合わせは下のリンクをクリック下さい。※※香港カンフー武術學院 専用お問い合わせフォーム もうすぐ定員。定員に達し次第今年度の募集は終了します。

現在、第弐段階の進級試験を受験しているのが大阪守口本部が1名、京都支部が1名の合計2名ですが、修了後に贈呈されるコンプリーテッドTシャツのマークが完成しましたので訪問の皆様へお知らせします。この第弐段階が修了すれば小念頭のレベルは突破したという事になり、次の套路「尋橋」に進みます。尋橋は技術的に特別のものではなく、小念頭のロジックを実際に動きながら体現するもので、詠春拳の拳技を実際に使う為には不可避の段階と言えるでしょう。尋橋の修了で詠春拳の拳技は一応の完成を見る事となります。第弐段階が修了すると言う事は尋橋導入初期の段階を意味します。
22331s-.jpg
基本的に左胸にプリントされる予定ですが、今回は右袖にプリントしてみました。背面には香港カンフーのマークの下にWSLVTのマークをプリントしてみました。
13241s-.jpg
第弐段階の進級試験は結構時間が掛かりますが、根気よく修了を目指してもらいたいと考えます。今秋には大阪守口本部の1名増えて合計3名が受験する事になると思われます。

練習生と門人について

10・16ハイパーSNT(小念頭)セミナー in 大阪のお申し込みは下のリンクをクリック下さい。 李恆昌師傳の「ハイパーSNT(小念頭)セミナー in 大阪」 お申し込みフォーム 残席僅か。お早めにお申し込み下さい。

※※※当學院への入会・見学等のお問い合わせは下のリンクをクリック下さい。※※香港カンフー武術學院 専用お問い合わせフォーム もうすぐ定員。定員に達し次第今年度の募集は終了します。


一般的には同じような意味で用いる事が多い練習生門人と言う言葉ですが、当學院に於いては決して同じ意味合いではありません。両者には決定的な違いがあり、この2つの言葉は明確に区別され、使い分けられております。

まずは練習生について定義すると、指導者→練習生の関係と考えられます。練習生は指導してもらう代わりに指導員へ報酬として月謝を納めます。指導者は報酬を得た見返りに、練習生へ目新しい拳技を教える事で還元します。金銭を介してのギブand テイクの契約関係が成立しています。逆に言うとそれ以外の関係は一切ないという事になります。伝統的な徒弟制度とは全く違い関係性は希薄です。契約関係はありますが、深い信頼関係は当然の事ながら無くなってしまいます。都会的でスタイリッシュなこの様な契約関係を日本の詠春拳団体の多くがその様な組織形態を標榜しておりますが、その関係は極めて脆弱である事は間違いのない所です。

次に門人となると全く意味が変わり、指導者と練習生という関係から師匠と弟子の関係へと関係が変わってしまいます。そうなると単なる契約関係から、門人でであれば師から授かった拳技を伝承し、次の世代へ伝えると言う使命が師弟双方に発生します。詠春拳で言えば「詠春派」を伝統を受け継ぎ、伝統を宣伝啓蒙する責任を担っていく誓いを、師に誓願するのが門人としての誠意でありましょう。言葉に出さなくても、文章に明文化しなくても以上の事が暗に了承事項なのが最も良好な師弟関係と言えるでしょうか。よって強固な師弟の絆、そして兄弟弟子との絆も連携し、目的達成の為に一丸となって取り組む事が可能となります。その疑似家族関係によって徒弟制度は形成され、強固な連携によって関係性は担保されております。

練習生はよく私は○△の弟子と簡単に口に出す場合がありますが、練習生が指導者を一方的に「師」と呼んでいても、指導者からすれば練習生を「弟子」と呼ぶのには相当の違和感がある場合があります。それは加入して一定期間練習していたとしても抵抗感があるのです。指導者にとっては貴方はあくまでも練習生であって、弟子ではないと言う区別があるのです。

管理人の知り合いで師からこの男は私の弟子ではないと宣言され、ガックリしたという話もあります。

師から弟子と呼ばれるためには前段の誠意を師に態度で顕していく必要があり、師を単に尊敬するぐらいの事では認められる事はありません。門人とは師から正式に自分の弟子と認知された者の事を言い、師から認められた時点で練習生から門人へと昇格致します。
001.jpg
もちろん管理人・眞鍋嶽山李恆昌師傳の忠実な弟子であり、日本に於いて黃淳樑系詠春拳の伝承保存や詠春門の宣伝啓蒙を使命とし、門人として日夜活動しております。なかんずく詠春拳の技能の上達・向上をもって各会員の利益とする様な個人の利益のみを最優先する利己主義団体と当學院は一線を画しておりますのでご安心下さい。

当學院は新規加入した時点で、練習生の段階から徒弟制度を取っており、練習生には当學院の秩序を守る事が求められています。一般的に当學院で門人と呼ばれる為には、「尋橋」と套路の練習開始をもって、呼称を練習生から門人に変更させて頂いております。もちろん当學院の秩序を乱す不心得者は門人となる直前の時点で除名処分となり、これ以上の詠春拳は諦めてもらう事もあります。
一連のこの件に関して、味噌も糞も一緒にする日本の詠春拳界のムーブメントに際しては、管理人は明らかな反旗を翻す所存であります。

六波羅蜜から五福星へ

10・16李恆昌師傳のハイパーSNT(小念頭)セミナーのお申し込みは下のリンクをクリック下さい。 李恆昌師傳の「ハイパーSNT(小念頭)セミナー in 大阪」 お申し込みフォーム 残席僅か。お早めにお申し込み下さい。


※※※当學院への入会・見学等のお問い合わせは下のリンクをクリック下さい。※※香港カンフー武術學院 専用お問い合わせフォーム もうすぐ定員。定員に達し次第今年度の募集は終了します。

2016年4月から新規加入が始まった本年度の新規練習生ですが7月20日の時点で6名から残念な事に1名減員となりました。よって彼らの通称も2016年六波羅蜜から2016年五福星となりました。この機会に2016年五福星を紹介したいと思います。
112211_s-.jpg
上の2人で向かって左の男性は2016年五福星でリーダー格的な存在。過去に他派詠春拳をある程度習ってきた経験者と言う方で新規加入者の中では最も習熟度が進んでいる方です。向かって右の女性は紅一点の新規練習生で経験はないものの非常に頑張っておられます。お二人ともこのまま順調に向上していってもらいたいですね。
112212_s-.jpg
次は男性2人ですが、詠春拳の習得に関して一定以上の努力が必要な二人組です。困難にもめげない熱いハートで取り組んでもらいたい方々です。指導者としては教え甲斐のあるハードな練習生です。指導者が注力する練習生となりますので諦めずに是非付いてきて欲しいと願っております。
11227_.jpg
最後の五人目は剛柔流空手と総合格闘技を経験後、新規加入した練習生で打撃系ならばある程度理解する能力のある有能な方です。最初に紹介した練習生の次に習熟度が早い副リーダー格の練習生になります。この五人が2016年に当學院へ新しく加入した精鋭です。ご期待下さい。

木人椿の続報です。

10・16李恆昌師傳のハイパーSNT(小念頭)セミナーのお申し込みは下のリンクをクリック下さい。 李恆昌師傳のハイパーSNT(小念頭)セミナーのお申し込みフォーム


※※※当學院への入会・見学等のお問い合わせは下のリンクをクリック下さい。香港カンフー武術學院 専用お問い合わせフォーム


新しくやって来た木人を使いやすく改造したり、アクセサリーパーツを取り付けたり、なんやかんやとカスタマイズの真っ最中です。吸盤固定式自立型木人椿の最大の弱点は、木人本体下部の挿入部と基底金具の挿入口に差があって所謂「グズグズ」の状態の事が多い事です。何回か販売した事がありますが、木人本体下部の挿入部基底金具の挿入口がピッタリとジャストサイズだったことは2例しかありませんでした。ほとんどは所謂「グラグラ」の状態です。今回、計測してみました。木人本体下部の挿入部が13センチ四方。基底金具の挿入口が14センチ四方でした。前後左右で1センチ間隙があると、流石に打ち込むと前後左右に揺動して使い勝手が悪い感じになります。
そこで木人本体下部の挿入部と基底金具の挿入口の間隙に厚さ2ミリの床材を適当な大きさにカットして挿入します。木人本体下部の挿入部の4面に2枚ずつの合計8枚貼り付けて、基底金具の挿入口に差し込んでみます。すると間隙がなくなってフィットしたのか使用感が見違えて良くなりました。
IMG_0710s-.jpg
さて、次は3連の木人プロテクターを装着させます。靴を履くように木人プロテクターを木人本体へ紐で結びます。上と下は同じ寸法で中は少し短くなっています。木人プロテクターは練習者の腕の衝撃を緩和するのが大きな目的ですが、逆に練習者からの乱暴な使用から木人本体の破損を護る役割もあります。また木人本体からクラックが発生した場合、見た目の印象を随分良くします。クラックとは木目に沿って出来た縦の亀裂の事で木人本体の乾燥が原因で発生するもので、特に雨ざらしにすると起きやすくなります。そう言う意味でも木人プロテクターは助かります。

大阪守口本部に新しい木人椿が到着しました。

10・16李恆昌師傳のハイパーSNT(小念頭)セミナーのお申し込みは下のリンクをクリック下さい。 李恆昌師傳のハイパーSNT(小念頭)セミナーのお申し込みフォーム


※※※当學院への入会・見学等のお問い合わせは下のリンクをクリック下さい。香港カンフー武術學院 専用お問い合わせフォーム


しばらくの間、当學院の大阪守口本部練習場には常設の木人椿がありませんでした。しかし、本日、注文していた待望の新しい木人椿が中國からようやく到着致しました。新しく大阪守口本部へ設置する木人椿は吸盤固定式自立型木人椿スタンダードです。もちろん葉問式の木人椿ですよ。
21212211s-.jpg
木の材質は恐らく楠木と思われます。大阪守口本部では以前連架式自立型木人椿スタンダードを永らく使用していましたが、練習場が手狭になったため2年程前に手放しておりました。今回2年ぶりで大阪守口本部練習場に木人椿が復活する事になった訳です。そもそも詠春拳の武館で木人椿を設置していない事こそが恥ずかしい限りの状態と言えるでしょう。やっと普通の状態に回復したと管理人は胸をなで下ろした次第です。
IMG_0703s-.jpg
吸盤固定式自立型木人椿とは基底金具の底へ吸盤を取り付けて床と固定する木人椿で省スペースで設置出来る所が最大のメリットです。画像では4カ所しか固定していませんが、吸盤は実際14個もあってなかなかしっかりしています。
IMG_0706s-.jpg
椿手も椿腳も太くて重さも充分あって個人的には大変満足しております。徐々に木人プロテクター付けたりしてカスタマイズしていくつもりです。実際、門人の中にも近頃木人椿を練習する必要性も出てきておりますし、今後とも大活躍してくれる事でしょう。

2016年7月第弐段階の進級試験始まる!

10・16李恆昌師傳のハイパーSNT(小念頭)セミナーのお申し込みは下のリンクをクリック下さい。 李恆昌師傳のハイパーSNT(小念頭)セミナーのお申し込みフォーム

2016年7月から門人の中で第弐段階の進級試験を受験が始まりました。該当者は大阪守口本部1名、京都支部1名、愛知支部2名の合計4名ですが、受験科目が非常に多く修了には約1年を要する長期間の課題克服の連続が待ち受けている訳です。合格に向けて頑張って欲しいと考えます。現在、愛知支部の2名には指導が遅れていて来年以降試験を実施する予定となっていますので、現状は大阪守口本部の1名と京都支部の1名の合計2名が当面受験開始となりました。
注目の受験科目は
第弐段階轉馬、轉馬發拳、轉馬膀手、上馬發拳、退馬發拳 以上単式練習
擸打、分手、盤手、轉馬攤打、外門拍手、擸手、内門拍手、㩒打、上馬攤手 、則歩攔手、過手
 以上対人練習  実技テストの後に修了
修了者には允許状と記念のTシャツが贈られます。
受験者は第参段階(予習)の練習と平行して同時に第弐段階の進級試験(復習)を習得してもらう事になります。この時期が門人として大変な時期かもしれません。実際試験は始まりましたが、受験生はこの進級試験が簡単に修了できないことが理解出来たと言った所でしょうか。腰を据えてじっくりと取り組む必要があります。受験生が合格するまでサポートするのが管理人の仕事です。京都支部の教練も含めて復習して頂きます。実は第弐段階の功夫が不十分だと第参段階の練習がちゃんと体現出来ない事態となります。その為にもこの時期に第弐段階をしっかりと身に付ける必要があるのです。

人間、苦手なものを練習したがらないと言う特性があります。第弐段階で出来ない場合は、人によっては第壱段階にまで遡って復習する必要があります。不得意を是正し功夫を獲得させます。そうしないと第参段階の課題を上手く体現する事出来ない場合があるのです。通常の練習と進級試験とはそう言う意味で補完している関係な訳です。進級試験なしに向上する事は現実的に困難です。よって進級試験を修了するという事は門人にとってそれだけの功夫を獲得した証でもあり、大きな自信となる事でしょう。

第弐段階を修了すれば、一応「小念頭」の段階は修めた事となり、套路で言えば次の「尋橋」の段階となります。また第参段階を習うようになった時点から練習生から門人と呼ばれるようになります。第弐段階の進級試験をすると言う事は門人としての最初の関門となります。管理人は当學院の第弐段階の進級試験を修了すれば世界のどの詠春拳の教室で練習を行っても恥じる事はないと断言出来ます。香港の李恆昌師傳の武館中國詠春拳學聰會では第壱段階と第弐段階は新規加入から最短9ヶ月で修了と規程されておりますが、当學院では約2倍以上の時間を費やして修了する事になっております。

※※※当學院への入会・見学等のお問い合わせは下のリンクをクリック下さい。※※専用お問い合わせフォーム

2016年六波羅蜜誕生!

10・16李恆昌師傳のハイパーSNT(小念頭)セミナーのお申し込みは下のリンクをクリック下さい。 李恆昌師傳のハイパーSNT(小念頭)セミナーのお申し込みフォーム


※※※当學院への入会・見学等のお問い合わせは下のリンクをクリック下さい。※※専用お問い合わせフォーム


大阪守口本部大阪府守口市に本部の2016年は2014年の再来とも言うべき年となりそうです。5月上旬の時点で3名の新規練習生の加入がありました。それ以降約1ヶ月の間に更に3名が新規加入した練習生が増えて、6月上旬の時点で合計6名となりました。それ故彼らの事を「2016年三銃士」から2016年六波羅蜜と呼ぶ事にしました。仲間が増える事は賑やかになって結構です。今後も正統詠春拳の輪を広げるべく前進して参ります。新規加入者各位も諦めることなく付いて来て欲しいと考えます。

過去の経験から1年で面倒がみれる新規練習生の数は8名から10名が限界とさせて頂いております。従って大阪守口本部では、後2名新規加入した場合は余程素質のある場合を除いて募集を終了する事になります。これは指導者のキャパシティの問題なのでご勘弁頂きたいと存じます。比較的精密に指導する方針の大阪守口本部では8名の新規加入者で精一杯です。
同じく愛知支部愛知県名古屋市に本部も新規加入出来る余力が僅かしかありません。凡そ2名から4名で新規加入すれば募集は打ち切られます。よって愛知支部を希望される場合は早めにお申し込みされる事を望みます。

逆に京都支部京都府長岡京市に本部学研支部大阪府四条畷市に本部は新規加入者を常に大募集しておりますので安心してお申し込み下さい。